2017/04/10

新機材の導入2

CD向けアクセサリーの新規導入です。

10年前はオカルト商品に分類されていた?・・・・・・

アコースティックリバイブのCD用消磁器

ベストセラーのため3世代目の商品であります・・・



使用方法は、最初にレーベル面を下にして(ミラー面を上で)消磁ボタンを1回押す・・・・

続いて、反転させて写真のようにもう一回消磁ボタンを押して・・・・終了です。

効いてます・・・・・・キーーーーンと言わないような気がします。

アマゾンで29300円なり
2017/04/03

新機材の導入

CDプレイヤーの強化が必要との考えから、

まずは過去の名器などの比較対象物をそろえてみたらとの考えで、

アマゾンに出ていた「中古・非常に良い」との出品物でありました、

デノン製CDプレイヤーCDC-1650SRを49800円也でゲット!

15年前のCDプレイヤー専用世代最後の逸品と言われる製品であります。

当時の販売定価が12万円、重量13㎏でめちゃくちゃ重いです。



シャンパンゴールドで違和感なしの外観であります。



第一印象は、ボーカルが張り出すといいますか・・・・・・独特の表現であります。

比べてみてわかることもありまして・・・・現状のパイオニアPDー70

たった8万円強で、SACDプレイヤーが手に入り、

そこそこの表現をするということで、最初に購入したCDプレイヤーとしては超お買い得品でありました。

PD-70・・・・ごらんのとおりUSBを挿してDACとして使用できるというすぐれものであります。

新規導入のCDC-1765SRは、サービスに電話したところ「光ピックアップの交換は可能」とのことなので、

早速、サービスに持ち込んで光ピックアップの交換・・・・オーバーホールであります。
2017/03/27

改めて考えるJAZZ百名盤

オーディオ趣味をしておりますと、
「今日は何を聞こうかなあ」ということも問題になってくることがあります。
週に1-2度聞くとなると、これは限られた時間なので「愛聴盤を連続して聞く」ということになり、
愛聴盤というのも結構たくさんありますので、毎回飽きずに済むわけですが、
これが、毎日欠かさずというような環境になりますと(今は違うので何の問題もありませんが)、
コレクションをまんべんなくということで、選曲の工夫もいるわけであります。
また、新たな感動が欲しいということもあり、コレクションを充実させたいとの気持ちもあります。

という前提から、巷の百名盤を調べてみました。
一つは、今は亡きスイングジャーナルの読者人気投票結果
もう一つは、亡き中山康樹氏の読んでから聞け百名盤であります。
2つの百名盤の重複タイトルは31でありました。
私の愛聴盤との合致数は、それぞれ30タイトルほどでありましょうか。
さすがに年季がありまして、聞いたことがないというものはほぼ皆無ですが、
結構保有してないなあと思います。(好き嫌いが激しいので・・・・)
この程度のものは、全部保有してみて改めて聞いてみるというのもありかもと思っています。

でも、直立猿人やWE INSIST!をいまさら聞かんだろうともおもいますが・・・・
まあ・・「百名盤」で愛聴盤とは違う設問だからねえ・・・・

※出典:スイングジャーナル 2001年1月号
「21世紀に残したいジャズ Best & Best 100 読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」
の読者投票結果より
1位:Waltz for Debby  [Bill Evans]
2位:Kind Of Blue [Miles Davis]
3位:Saxophone Colossus [Sonny Rollins]
4位:Art Pepper Meets The Rhythm Section [Art Pepper]
5位:A Night At Birdland, Vol 1&2 [Art Blakey & The Jazz Messengers]
6位:Somethin' Else [Cannonball Adderley]
7位:Portrait In Jazz [Bill Evans]
8位:Ballads [John Coltrane]
9位:Cool struttin' [Sonny Clark]
10位:Return to Forever [Chick Corea]
11位:Blue Train [John Coltrane]
12位:Study In Brown [Clifford Brown / Max Roach]
13位:Cookin' With The Miles Davis Quintet [Miles Davis]
14位:Eric Dolphy at the Five Spot, Vol. 1 [Eric Dolphy]
15位:Full House [Wes Montgomery]
16位:The Complete Studio Recordings on Savoy Years Vol.1~4 [Charlie Parker]
17位:Maiden Voyage [Herbie Hancock]
18位:We Get Requests [Oscar Peterson Trio]
19位:A Night At The Village Vanguard [Sonny Rollins]
20位:Way Out West [Sonny Rollins]
21位:Candy [Lee Morgan]
22位:Helen Merrill with Clifford Brown [Helen Merrill]
23位:The Koln Concert [Keith Jarrett]
24位:Clifford Brown and Max Roach [Clifford Brown / Max Roach]
25位:Au Club Saint-Germain 1958 [Art Blakey & The Jazz Messengers]
26位:Bitches Brew [Miles Davis]
同26位:Giant Steps [John Coltrane]
28位:Getz / Gilberto [Stan Getz / Joao Gilberto]
29位:Brilliant Corners [Thelonious Monk]
30位:Heavy Weather [Weather Report]
31位:Standards Live [Keith Jarrett]
32位:Stan Getz Plays [Stan Getz]
33位:Moanin' [Art Blakey & The Jazz Messengers]
34位:Quiet Kenny [Kenny Dorham]
35位:The Melody At Night With You [Keith Jarrett]
36位:Speak Like A Child [Herbie Hancock]
同36位:Word Of Mouth [Jaco Pastorius]
38位:Charlie Parker Story On Dial Vol.1&2 Westcoast Days [Charlie Parker]
39位:Vol. 2 [Sonny Rollins]
40位:The Scene Changes [Bud Powell]
41位:Sunday at the Village Vanguard [Bill Evans]
42位:Round About Midnight [Miles Davis]
43位:Soul Station [Hank Mobley]
44位:Gerry Mulligan Quartet [Gerry Mulligan]
45位:Live at The VillageVanguard [John Coltrane]
46位:A Love Supreme [John Coltrane]
47位:Pres and Teddy [Lester Young - Teddy Wilson Quartet]
48位:African Piano [Dollar Brand ( = Abdullah Ibrahim)]
49位:My Favorite Things [John Coltrane]
50位:Now's the Time [Charlie Parker]
51位:Explorations [Bill Evans]
同51位:Left Alone [Mal Waldron]
53位:Whisper Not [Keith Jarrett]
54位:At the "Golden Circle" in Stockholm, Vol. 1&2 [Ornette Coleman]
55位:Standards, Vol. 1 [Keith Jarrett]
56位:Concierto [Jim Holl]
57位:Relaxin' With the Miles Davis Quintet [Miles Davis]
58位:Carnegie Hall Jazz Concert [Benny Goodman]
59位:In San Francisco [Cannonball Adderley]
60位:Winelight [Grover Washington Jr]
同60位:My Fair Lady [Shelly Manne & His Friends]
62位:Prelude [Deodato]
63位:Go! [Dexter Gordon]
64位:Tenor Madness [Sonny Rollins]
65位:Milestones [Miles Davis]
66位:Stan Getz Quartets [Stan Getz]
67位:Bags' Groove [Miles Davis]
68位:Crazy And Mixed Up [Sarah Vaughan]
69位:Modern Art [Art Pepper]
70位:Never No Lament : The Blanton-Webster Band [Duke Ellington]
71位:Pithecanthropus Erectus [Charles Mingus]
72位:The Poll Winners [Barney Kessel with Sherry Manne and Ray Brown]
73位:Bass on Top [Paul Chambers]
74位:Four & More [Miles Davis]
75位:We Insist ! : Max Roach's Freedom Now Suite [Max Roach]
76位The Bud Powell Trio [Bud Powell]
77位:The Tatum Group Masterpieces [Art Tatum & Ben Webster]
78位:Return of Art Pepper [Art Pepper]
79位:Chet Baker Sings [Chet Baker]
同79位:Girl Talk [Oscar Peterson]
81位:Soultrane [John Coltrane]
同81位:Our Man in Paris [Dexter Gordon]
83位:Blues-ette [Curtis Fuller]
84位:All Alone [Mal Waldron]
同84位:With Strings [Clifford Brown]
86位:Groovy [Red Garland]
87位:At The Montreux Jazz Festival [Bill Evans]
88位:Junior [Junior Mance]
同88位:Complete Live At Plugged Nickel 1965 [Miles Davis]
90位:The Kerry Dancers [Johnny Griffin]
91位:Agharta [Miles Davis]
92位:Fuego [Donald Byrd]
93位:Undercurrent [Bill Evans & Jim Holl]
94位:Night Lights [Gerry Mulligan]
同94位:Sonny Clark Trio [Sonny Clark]
同94位Dippin' [Hank Mobley]
97位:Alone [Bill Evans]
98位:4, 5 And 6 [Jackie Mclean]
99位:Trio 99-00 [Pat Metheny]
100位:In Chicago [Cannonball Adderley]

読んでから聞け!ジャズ100名盤
Ahmad Jamal : But Not For Me
Al Cohn : Nonpareil
Art Blakey : Art Blakey & The Jazz Messengers:Moanin
Art Blakey & The Jazz Messengers : Mosaic
Art Farmer : When Farmer Met Gryce
Art Pepper : Meets The Rhythm Section
Barney Kessel : The Poll Winners
Bill Evans : Waltz For Debby
Bill Evans : You Must Believe In Spring
Blue Mitchell : Blue’s Moods
Bobby Hutcherson : Happenings
Bobby Timmons : This Here Is Bobby Timmons
Branford Marsalis : Scenes In The City
Bud Powell : The Scene Changes-The Amazing Bud Powell Vol.5
Cannonball Adderley : The Cannonball Adderley Quintet In San Francisco
Cecil Taylor : Love For Sale
Charles Mingus : Town Hall Concert
Charlie Parker : Story On Dial Vol.1
Charlie Parker : The Complete Legendary Rockland Palace Concert
Chet Baker : Chet Baker Sings
Chick Corea : Now He Sings, Now He Sobs
Clifford Brown : Clifford Brown With Strings
Count Basie : And the Kansas City 7
Dave Brubeck : Dave Digs Disney
Dexter Gordon : Go
Dizzy Gillespie : For Musicians Only
Don Friedman : Circle Waltz
Donald Byrd : Fuego
Duke Ellington : Money Jungle
Duke Ellington : Duke Ellington & John Coltrane
Duke Jordan : Flight To Jordan
Elvin Jones : Puttin' It Together
Eric Dolphy : At The Five Spot Vol.1
Freddie Hubbard : Open Sesame
Gary Burton : Paris Encounter
George Wallington : At Cafe Bohemia
Gerry Mulligan : Gerry Mulligan Quartet
Gil Evans : Gil Evans & Ten
Grant Green : Idle Moments
The Great Jazz Trio : At The Village Vanguard
Hampton Hawes : The Green Leaves Of Summer
Hank Mobley : Soul Station
Herbie Hancock : Maiden Voyage
Horace Parlan : Us Three
Horace Silver : Blowin' The Blues Away
J.J.Johnson : The Eminent J.J.Johnson Vol.1
The Jazz Crusaders : Lighthouse '68
Jackie Mclean : Swing, Swang, Swingin’
Jim Hall : Concierto
Jimmy Smith : Midnight Special
Joe Henderson : Page One
John Coltrane : Blue Train
John Coltrane : Selflessness
John Lewis : Afternoon In Paris
Jhonny Griffin : The kerry Dancers And Other Swinging Folk
Keith Jarrett : Somewhere Before
Keith Jarrett : Standards Live
Kenny Burrell : Midnight Blue
Kenny Dorham : Afro-Cuban
Kenny Drew : The Kenny Drew Trio
Lee Konitz : Lee Konitz With Warne Marsh
Lee Morgan : Candy
Lester Young : Pres and Teddy
Lou Donaldson : Blues Walk
Mal Waldron : Left Alone
McCoy Tyner : The Real McCoy
Michel Legrand : Le Jazz Grand
Michel Petrucciani : Estate
Miles Davis : Kind Of Blue
Miles Davis : Someday My Prince Will Come
The Modern Jazz Quartet : No Sun In Venice
The Modern Jazz Quartet : European Concert
Oliver Nelson : The Blues And The Abstract Truth
Ornette Coleman : At The Golden Circle, Vol.1
Oscar Peterson : Hello Herbie
Paul Chambers : Bass On Top
Paul Desmond : Pure Desmond
Phil Woods : Musique Du Bois
Ray Brown : Something for Lester
Ray Bryant : Ray Bryant Trio
Red Garland : A Garland Of Red
Roland Kirk : Rip Rig & Panic
Roy Haynes : We Three
Shelly Manne : My Fair Lady
Sonny Clark : Cool Struttin’
Sonny Rollins : Saxophone Colossus
Sonny Rollins : A Night At The Village Vanguard
Sonny Stitt : Sonny Stitt - Bud Powell - J.J.Johnson
Stan Getz : Stan Getz Plays
Stan Getz : Sweet Rain
Thelonious Monk : The Unique
Thelonius Monk : Brilliant Corners
Tommy Flanagan : Overseas
Wayne Shoter : Speak No Evil
Weather Report : I Sing The Body Electric
Wes Montgomery : Full House
Wynton Kelly : Kelly At Midnite
Wynton Marsalis : Standard Time Vol.1
Wynton Marsalis : Black Codes(From The Underground)
Zoot Sims : Down Home

2017/03/17

現用スピーカーJBL4345の資料

オーディオ復活からちょうど4年が経過しました。
わたしのオーディオ聴取の完成度目標は、今でも当初の通りで「ベイシーマイナス3デシベルを目指す」でありますが、
その完成度目標を実現するために設定している課題の現在位置の確認であります。
一番目の課題である「オーディオルーム」は、半出来と言いながらも個人採点「70点」となり、
二番目の課題の「使用機材」も、E-600とJBL4345の導入により、
残すところは入り口の、CDプレイヤー、DACとなり
アナログ系は問題点が見えておりませんが、現状のトーレンス+DL103で当面は良しとする予定であります。
三番目の音楽ソースでありますが、CDをぼちぼち増強しながら、PCオーディオに移行しながら、
アナログLPの保有分1000枚をだんだん復活させていこうと思っています。

これからしばらくは、スピーカー系の微調整を繰り返すことになると思いますが、
あくまで、一時中断していたJBLサウンドを追及するということが目標でありましたので、
よりどころにする資料を、覚えとして貼っておこうと思います。

それにしても、JBLの進化がJBL4345で停止したようになっていると思っていますが、
瀬川先生が生きていたらずいぶん違っただろうと想像します。

JBL 4345
新開発の46cmウーファーを採用したプロフェッショナルシリーズの大型スピーカーシステム。
低域には伝統技術と最新技術を融合して開発された46cmコーン型ウーファー2245Hを搭載しています。このウーファーは従来の38cmコーン型ウーファーに比べ、単にコーン紙が拡大したというだけではなく、能率やリニアリティ、低歪率など特性面を改善し、優れた低域再生を可能にしています。
コーン部には厳選した素材を使用しており、質量や剛性を最適とするため裏側にJBL独自のダンピング剤(ランサプラス)を塗布しています。また、磁気回路にはJBLオリジナルのSFG構造を採用しており、ボイスコイルギャップ内の磁界を対称とし、ポールピースに巻いたフラックス・スタビライジング・リングと相まって第2次高調波歪を低減しています。さらに、ボイスコイルはピストン運動領域の広い100mm径、長さ25mmのものを採用しており、リニアピーク変位量が20mmに達し、ヒートシンク能力の増大とともにハイパワー時の出力の圧縮を少なくしています。
中低域には25cmコーン型ウーファーの2122Hを搭載しています。クロスオーバー周波数外の歪を減少させた新コーン紙を採用し、75mm径銅リボンボイスコイル、SFG磁気回路などを搭載しています。
2122Hには密閉型バックキャビティを設けることで、他のユニットからの干渉を防いでいます。
中高域には音響レンズ2308とホーン2307とドライバーユニット2420を組み合わせたホーン型ミッドレンジを搭載しています。2308/2307は、スロート径2.5cmのドライバーと組み合わせて使用するホーンレンズで、適合ドライバーの相違を除けば2311/2308と同等の性能を持っており、バッフルへのマウント寸法やクロスオーバー周波数も同じとなっています。このホーン/レンズは横幅30cm×高さ30cm以上のバッフルに取り付けた場合、水平80゜×垂直45゜の指向性が得られます。
スラントプレート2308は、付属のマジックテープによってバッフルの前面に固定しています。
高域にはホーン型トゥイーターである2405を搭載しています。このホーントゥイーターはワイドレンジなスタジオモニター用に開発されたディフラクションホーントゥイーターで、JBLの伝統的な高能率・高耐入力特性を継承しながら、21.5kHzに達するリニア・レスポンスと、水平140゜×垂直40゜(10kHz)の指向性を実現しています。また、極薄加工のリングダイアフラムに新技術を搭載し、トップエンドレスポンスを改善しています。
ネットワーク部はJBLの新しい高分離ネットワーク設計に基いて開発されており、厳選した大容量コンデンサに小容量コンデンサを加えることで音のつながりを円滑にし、透明感を向上させています。また、290Hzで2チャンネル・マルチアンプドライブ(チャンネルデバイダー5234使用)する他、内蔵ネットワークによるドライブも可能となっています。
エンクロージャーは21mm厚の硬質パーチクルボードを使用し、さらに内部補強材を非対称配置として定在波などの不要振動を防ぐ設計をしています。また、縦置き専用のミラーイメージペア方式となっており、音像定位と音場再現性を高めています。
 
方式      4ウェイ・4スピーカー・バスレフ方式・フロア型
ユニット    低域用:46cmコーン型(2245H)
           中低域用:25cmコーン型(2122H)
           中高域用:ホーン型(2420+2307+2308)
           高域用:ホーン型(2405)
周波数特性 32Hz〜20kHz ±3dB
指向性     水平60゜×垂直30゜(-3dB、16kHz)
出力音圧レベル 95dB/W/m
インピーダンス 8Ω
許容入力 120W(ネットワーク時)
200W(マルチアンプLo)
100W(マルチアンプHi)
クロスオーバー周波数 ネットワーク時:320Hz、1.3kHz、10kHz
バイアンプ時:290Hz、18dB/oct
エンクロージャー容積 253L(ウーファー)
14L(ミッドウーファー)
外形寸法 幅765×高さ1096×奥行470mm
重量 104kg

瀬川冬樹
ステレオサウンド 58号(1981年3月発行)
「Best Products 話題の新製品を徹底解剖する」より
 JBL♯4345の量産モデル第一便が、ついに到着した。それを、ステレオサウンド試聴室で、真っ先に試聴できる好運に恵まれた。その音は、予想に違わず、みごとな出来栄えに仕上っていた。
 名器♯4343の「次期モデル」とも、また「改良型」とも「上級機」とも噂されていた♯4345については、すでに本誌56号419ページに、発表以前に本誌の掴んだ情報から推測したイラスト付の速報が載った。その本誌発売直前の昨年9月8日に、ホテル・ニューオータニで業界関係者を対象としてセミナー形式の発表会が開催されたが、講師として来日したJBLプロフェッショナル・ディヴィジョンのゲイリー・マルゴリスは、本誌のイラストのあまりに現物に近いことに、目を丸くして驚いていた。この発表は、ほんごくアメリカより早く、世界に先駆けて日本だけで行なわれたそうだが、これを皮切りに、日本の主要都市で、業界関係者を主な対象として発表会が続けられ、そのあと、10月の全日本オーディオフェアで、一般に公開されている。
 が、これら一連の発表に用意された一組だけの♯4345は、一部分未完成の全くのプロトタイプで、実際の製品化は’81年の春以降に正式発表すると予告されたまま、今日までの数ヶ月、何ら詳しい情報が得られぬまま、愛好家の気をもませていた。その♯4345の、待ち望んだ到着である。
 ♯4343と並べてみると、ずいぶん大きく、しかもプロポーションのせいもあってか、ややズングリした印象だ。♯4343は、初対面のときからとてもスマートなスピーカーだと感じたが、その印象は今日まで一貫して変らない。その点♯4345は、寸法比(プロポーション)も、またそれよりもいっそう、グリルクロスを外して眺めたときのバッフル面に対するユニットの配置を含めて、♯4343の洗練された優雅さに及ばないと思う。この第一印象が、これから永いあいだに見馴れてゆくことで変ってゆくのかゆかないのか、興味深いところだ。
 ♯4343とくらべて、エンクロージュアの高さはほとんど変らないが、スカート(「台輪」とも「袴」とも呼ばれる脚部」の分(約2インチ=5センチ)だけ増しているが、横幅は約13センチ、奥行きは9・5センチ(グリルクロスをつけた状態)と、それぞれ増している。目の前に置かれてみるとずいぶん大きく、いくぶん威圧的でさえあって、試聴室が小さくみえる。馴れの問題かもしれないが、そればかりではないだろう。♯4343も、それ自体は決して小さいスピーカーではないが、それでも、仮に6畳の和室にでも、収めようと思えば一応は収まりのつくサイズであるのにくらべると、♯4345の占めるスペースは、それよりもふたまわりぐらい大きい感じで、相当に大きな空間を用意しなくては、自然な形では収まりにくいといそうだ。
 逸る胸をおさえる心地で、まず、横に並べた♯4343をしばらく鳴らしてみる。いかに場数を踏んだ人間でも、初めての、しかも期待の製品を聴こうとなると、どうしても、昂奮を抑えきれないが、しかしそういう心理状態では音をあるがままの姿で受けとめることもできなくなってしまう。心を鎮めるためにも、そしてまた、自分の感覚が妙に高ぶって尺度が狂っていたりしないかどうかを確かめるためにも、もう十分に聴き馴れた♯4343を、聴いておくほうがいい。
 ──どうやら大丈夫のようだ。聴き馴れた♯4343の音がする。さあ、これにくらべて、どんな音が鳴ってくるのだろうか……。
 実をいえば、昨年の東京での発表の際、ほんの僅かの時間を縫って、サンプルの♯4345を、我家に持ち込んで鳴らしている。だから全くの初体験というわけではないが、そのときのプロトタイプは、内蔵のLCネットワークの一部分が未完成で、バイアンプ(マルチアンプ)ドライブ専用の形となっていたので、今回の製品とは条件が違う。加えて、量産モデルではミッドバスのコーンの中央が、見馴れた♯4343の凹型(コーンケイヴ型)ではなく、凸型のキャップに変っている。おそらくプロトタイプとは音も違うだろう。となればやはり、ほとんど初対面同様だ。
 まず内蔵ネットワークだけの、バイアンプでないふつうの接続で鳴らしてみる。アンプはマーク・レヴィンソンのML7(最新型のコントロールアンプ)にML2L二台。プレーヤーはエクスクルーシヴP3に、オルトフォンのMC30。トランスはコッターのMK2/TYPE L。
 第一声は、わざと極力おさえた音量で聴いてみる。いいバランスだ。いま封を切ったばかりの全くの新品なのに、鳴らし込んだ本誌常備の♯4343BWXよりも、中〜高域が滑らかで、とろりとこなれている印象だ。むろん、その性格は♯4343とよく似ている。とうぜんだろう。中高音域及び最高音域のユニットは、それぞれ♯2420、♯2405で、♯4343の構成と全く同じなのだから。ただし、♯2405は、ダイアフラム・アッセンブリーに新しい技術がとり入れられて、ハイエンドのレスポンスがいっそうフラットで滑らかになったとJBLでは発表している。また、新設計のネットワークのおかげで、全音域にわたって、音のつながりが円滑になり、優れた特性を得ることができた、とも発表されていて、そのことは、公表された周波数レスポンスにもはっきりあらわれているが、その特性をみるまでもなく、この音を聴けば、全体に柔らかくくるみ込まれるように、刺激性の少ない音のまろやかさは、誰の耳にでもはっきりと改善が認められるにちがいない。♯4343の新しいうちは、♯2405の超高音域が出しゃばりがちなのだが、♯4345ではそのようなことがない。試聴用に聴き馴れたフォーレのヴァイオリンソナタ(グリュミオー/クロスリー=フィリップス9500534/国内盤X7943)の第二楽章。アンダンテ、二短調の艶麗の旋律が相当にいい感じで鳴ってくれる。
 これはいい、と、少し安心してこんどは大パワーの音を聴いてみる。カラヤンの「アイーダ」。第三面、第二幕凱旋の場。大合唱に続く12本のアイーダ・トランペットの斉奏そして……このきわどい部分が、ほとんど危なげなく、悠揚せまらざる感じで、しかし十分の迫力をもって聴ける。この低音の量感と支えの豊かさは、大口径ウーファー、そして大型エンクロージュアでなくては聴けない。
 それなら、と、次にエリー・アメリンクの歌曲集を一〜二曲、聴いてみる。アメリンクは、私の最高に好きな歌手ではないが、この必ずしも熱心でないアメリンクの聴き手でも、ふっと聴き惚れさせる程度に、しっとりと滑らかで上質の響きに引き込まれる。伴奏のピアノの音が、実にふくよかだ。♯4343では、ちょっとこういう雰囲気は出にくかったはずだ──ちょっとだけ、♯4343を聴き直してみようか。
 現金なもので、♯4345をしばらく聴いてしまった耳には、♯4343のピアノの音は、何となくコンコンした固有の響きがつきまとうように聴こえはじめる。音量を絞ったときのピアノのスケール感が、♯4345にくらべてグンと小さく感じられてしまう。これだから、一度でも、よりよい音を聴いてしまうというのは困るのだ。
 何枚かのレコードを、さらに聞いてゆく。途中で、パワーアンプをスレッショルドのステイシス2に代えてみる(ほんとうはステイシス1を用意してもらいたかったのだが、都合で不可能だった)。前述のように、昨年の9月9日の夜、我家でバイアンプ・ドライヴで試みた際には、レヴィンソンのML2Lでよりも、ステイシス1と2と組合せのほうが、結果がよかった。けれど、今回のサンプルで、しかもバイアンプでなく内蔵のLCネットワークによるかぎり、私の耳には、レヴィンソンML2Lでのドライヴのほうが、音のニュアンスが豊かで、表現の幅が広く、ずっと楽しく聴けた。
 ひととおりの試聴ののち、次にバイアンプ・ドライヴにトライしてみた。ステイシス2を低域用、ML2L×2を中域以上。また、低域用としてML3Lにも代えてみた。エレクトロニック・クロスオーヴァーは、JBLの♯5234(♯4345用のカードを組み込んだもの)が用意された。ちなみに、昨年のサンプルでは、低音用と中〜高音用とのクロスオーヴァー周波数は、LCで320Hz、バイアンプのときは275Hz/18dBoctとなっていたが、今回はそれが290Hzに変更されている。ただし、これはまあ誤差の範囲みたいなもので、一般のエレクトロニック・クロスオーヴァーを流用する際には、300Hz/18dBoctで全く差し支えないと思う。そこで、念のため、マーク・レヴィンソンのLNC2L(300Hz)と、シンメトリーのACS1も併せて用意した。
 必ずしも十分の時間があったとはいえないが、それにしても、今回の試聴の時間内では、バイアンプ・ドライヴで内蔵ネットワーク以上の音質に調整することが、残念ながらできなかった。第一に、ネットワークのレベルコントロールの最適ポジションを探すのが、とても難しい。その理由は、第一に、最近の内蔵LCネットワークは、レベルセッティングを、1dB以内の精度で合わせ込んであるのだから、一般のエレクトロニック・クロスオーヴァーに組み込まれたレベルコントロールでは、なかなかその精度まで追い込みにくいこと。また第二に、JBLのLCネットワークの設計技術は、L150あたりを境に、格段に向上したと思われ、システム全体として総合的な特性のコントロール、ことに位相特性の補整技術の見事さは、こんにちの世界のスピーカー設計の水準の中でもきめて高いレヴェルにあるといえ、おそらくその技術が♯4345にも活用されているはずで、ここまでよくコントロールされているLCネットワークに対して、バイアンプでその性能を越えるには、もっと高度の調整が必要になるのではないかと考えられる。
 ともかくバイアンプによる試聴では、かえって、音像が大きくなりがちで、低音がかぶった感じになりやすく、LCのほうが音がすっきりして、永く聴き込みたくさせる。
 ほんとうに良いスピーカー、あるいは十分に調整を追い込んだバイアンプでの状態での音質は、決して、大柄な迫力をひけらかすのでなく、むしろ、ひっそりと静けさを感じさせながら、その中に、たしかな手ごたえで豊かな音が息づいている、といった感じになるもので、今回の短時間の試聴の枠の中では、本来のLCネットワークのままの状態のほうが、はるかにそうした感じが得られやすかった。
 本体の置き方としては、今回は、何も台に乗せずに床の上に直接置いた。背面は、固い壁に近づけたりやや離したりしてみたが、♯4343ほどシビアに反応するようなことがなく、置き方条件の差には、♯4343よりもタフなところがあるように思えた。ただ、昨年9月の我家での試聴の際には、ごく低い(約2・5センチの)堅木の棧を用意して、床からわずかに持ち上げて(背面は壁にぴったりつけて)設置した状態が良かった。その際立ち会っていたJBLのG・マルゴリス氏も、その状態が良いと賛意を表した。これらの点は、試聴室の音響条件によっていろいろと試みるべきだと思う。
 一応のバランスのとれたところで、プレーヤーを、P3から、別項のマイクロSX8000とSMEの新型3012Rの組合せに代えてみた。これで、アッと驚くような音が得られた。が、そのことはSMEの報告記のほうを併せてご参照頂くことにしよう。

JBLテクノロジーの変遷
井上卓也
JBLモニタースピーカー研究(ステレオサウンド別冊・1998年春発行)
「伝統と革新 JBLテクノロジーの変遷」より
 1946年の創業以来50年以上にわたり、JBLはオーディオ界の第一線で活躍してきた驚異のブランドである。この長きにわたる活躍は、高い技術力なくしては不可能であろう。創業者ジェームズ・バロー・ランシングの設計による卓越した性能のスピーカーユニットは、オーディオ・テクノロジーのいわば源となったウェスタン・エレクトリックの流れをくんだもので、現在にいたるまで、内外のスピーカーに多大な影響を与えた偉大なるユニット群であった。それに加え、エンクロージュア、ネットワークなどを含めた、システムづくりの技術力の高さもJBLの発展を支えてきたといえる。この伝統のうえに立ち、さらに時代とともに技術革新を行なってきたからこそ第一線で活躍できたのであろう。
 ここではJBLのテクノロジーの変遷を、モニター機を中心にたどっていくことにしたい。
コンプレッションドライバー
 それでは、スピーカーユニット/エンクロージュア/クロスオーバー・ネットワークの順でテクノロジーの変遷をたどっていくことにしよう。
 まずユニットであるが、最初はコンプレッションドライバーから。コンプレッションドライバーは、プレッシャードライバー/ホーンドライバーなどとも呼ばれ、振動板に空気制動がかかるようにして振幅を抑え、ホーンにとりつけて使用するユニットのことである。
 コンプレッションドライバーは、振動板(ダイアフラム)の後ろをバックカバーで覆うことで小さなチャンバーをつくり、また振動板前面にはイコライザー(フェイズプラグ)と呼ぶ、一種の圧縮(コンプレッション)経路を設けるのが一般的で、JBLもその例外ではなく、むしろこの形態をつくりだしたのがウェスタン~ランシングなのである。
 さて、JBL最初のコンプレッションドライバーは175の型番を持つモデルで、ダイアフラム径は1・75インチ(44mm)、その素材はアルミ系金属、そしてホーンとの連結部であるスロート開口径は1インチ(25mm)のもの。周知のことであるが、J・B・ランシングはJBL創業前は、アルテック・ランシング社に在籍しており、アルテックでも数多くのユニットを設計している。アルテックには、ランシングが設計した802という175相当のモデルがあるが、この両者を比べてみるとじつに面白い。すなわち、ダイアフラムのエッジ(サラウンド)はタンジェンシヤルエッジといって、円周方向斜めに山谷を設けた構造になっているのは両者共通だが、そのタンジェンシヤルの向きがアルテックとJBLでは逆、ボイスコイルの引き出し線はアルテックは振動板の後側(ダイアフラムがふくらんでいる方向)に出しているのにたいしJBLは前側、そして、極性もアルテックが正相にたいしてJBLは逆相……というように基本設計は同じでも変えられるところはすべてアルテックと変えたところが、JBLの特徴としてまず挙げられる。
 これらは目で見てすぐわかる部分だが、設計上非常に大きく違うのが、ボイスコイルが納まるフェイジングプラグとトッププレートの間隙、つまり磁気ギャップの部分がJBLのほうが狭いということと、磁気回路がより強力になっているということだ。アルテックは業務用途を主とし、ダイアフラム交換を容易にするためギャップを広くとっているのだが、JBLはその部分の精度を上げ、より高域を伸ばす設計に変えたのである。また磁気回路の強力化は、より高感度を求めたものと考えられる。
 この磁気回路を強力にするというのもJBLの大きな特徴で、175をさらに強力にした275、そしてLE85を開発していくことになる。この磁気回路の強力化は高感度化と、後述するホーンの話につながるのだが、磁気制動をかけて、空気の制動が少ない状態でも充分に鳴らせることにつながってくる。
 175~275~LE85は、1インチスロートであるが、4インチ・アルミ系金属ダイアフラム、2インチスロートという大型のコンプレッションドライバーが、有名な375である。375は磁束密度が2万ガウス以上という極めて強力なユニットで、ダイアフラムのエッジはロールエッジである。これらJBLのコンプレッションドライバーはすべてアルニコ磁石を用いており、このアルニコ磁石の積極的な導入は、J・B・ランシングの設計上のポイントでもあったようだ。
 ここまでが、JBLのスタジオモニター開発以前の話である。しかし1971年に登場した4320に搭載されたコンプレッションドライバー2420は、LE85のプロヴァージョンであり、事実上、同じモデルとみなせるものだ。したがってモニタースピーカー登場後しばらくは、これらランシング時代からのドライバーを用いていたのである。しかし、’80年代に入り、変革がおとずれる。それはまず、ダイアフラムのエッジ部分から始まった。それまでのタンジュンシャルエッジ/ロールエッジから、ダイアモンドエッジと呼ばれる、4角錐を組み合せた複雑な形状のものに変化したのである。これは高域特性の向上を目指した改良ということである。
 つぎなる変革は磁性体の変化である。これはウーファーなどコーン型ユニットが先行していたが、アルニコの原料であるコバルトの高騰により、フェライト磁石に移行したのだ。アルニコからフェライトに変れば、当然素材自体の鳴きも変り、磁気回路そのものも変化するためかなりの設計変更が必要となるが、高域ユニットでは低域ユニットに比べ比較的スムーズに移行できたようだ。磁性体材料ではもうひとつ、ネオジウム磁石への変革がある。これはアルニコからフェライトのように全面的な移行ではなく、現在でも限られたユニットだけにネオジウムを搭載しているが、軽量化と高感度/高駆動力を両立させる手法であろう。ユニットが軽量になれば慣性が減るため、より音の止まりが速くなる効果が期待できる。
 ダイアフラムに話を戻すと、アルミからチタンへの変更が’80年代に行なわれた。チタンは音速の速い物質であり、物性値の向上という意味で、技術的に魅力ある素材である。しかし、チタンの固有音のコントロールには苦労したあとがみられ、4インチ振動板モデルでいうと、最初にチタンを搭載した2445ではダイアフラムの頂点に小さな貼り物をしたり、つぎの2450ではリブ(これは軽量化と強度を両立させるためのものでもあったが)を入れたり、475Ndでは一種のダンピング材であるアクアプラスを塗布したりして、現在では固有音を感じさせない見事なコントロールが行なわれているようである。
 イコライザーにも変化があった。当初は環状(同心円状)スリットの、経路が直線で構成されるものであったが、2450/475Ndには、経路が曲線で形成されるサーペンタインと呼ばれる形状が採用されている。この形状にすることで、ダイアフラムの真ん中とその周辺での音の時間差をコントロールして、より自然な音をねらったものと思われる。
 コンプレッションドライバーから発展したものとして、075に代表されるリングラジエーターというホーントゥイーターがある。これはコンプレッションドライバーのダイアフラムをドーナツ型にしたようなもので、リング型の放射部分にあるダイアフラムの裏側に、ちょうどボイスコイルがくるようにして(ボイスコイルの部分がもっとも高城のレスポンスがいいため)、耐入力と高域特性の向上の両立を図ったものだ。モニター機にはもっばら2405が使われたが、基本的には075をベースにイコライザー部分を変えて、高域を伸ばしたものであり、この基本部分を同じくして各種のヴァリエーションをつくるというのも、JBLの大きな特徴である。モニター機では低音が比較的伸びたウーファーを使用するため、バランス上、075では高域が足らず、2405を使ったと思われるが、この低域と高域のレスポンスのバランスはオーディオで非常に大事なことである。なお、リングラジエーターと175/LE85等のボイスコイル径は同一である。
ホーン/音響レンズ
 JBLのホーンでもっとも特徴的なのはショートホーンであるということだ。通常コンプレッションドライバーは、ホーンでの空気制動を見込んで設計するのだが、先ほど述べたように、JBLのドライバーはもともと磁気制動が大きく、あまり長いホーンを必要としない。ホーンが短いメリットは、何といってもホーンの固有音を小さくできるということであるが、そのためには組み合わせるドライバーに物量を投入しなければならず、この方式の追従者は少なかった。強力な磁気ダンピングをかけるもうひとつのメリットとして、ダイアフラムが余計な動きをせず、S/Nがよくなるという点も挙げておきたい。
 しかし、いくらショートホーンといっても固有音がなくなるわけではなく、また、ウーファーと同一のバッフルにマウントしたときに発音源が奥に行き過ぎ、なおかつ平面波に近い状態で音が出てくるために、距離を感じてしまう。そこで考案されたのが音響レンズである。音響レンズによって指向性のコントロールができ、仮想の音源を前に持ってくることも可能となり、さらには、球面波に近い音をつくることが可能になった。たとえばスラントプレートタイプの音響レンズを見ると、真ん中が短く、両端が長い羽根が使われているが、こうすることによって真ん中の音は速く、端の音は遅くと極めてわずかではあるが時間差がついて音が放射されることになり、波の形状が球面になると考えられるのだ。パーフォレーテッドプレートというパンチングメタルを多数重ね合わせたタイプのレンズが、真ん中が薄く、端にいくにしたがって厚くなっているのも、同じ理由によるものと考えられる。
 モニター機にはもっぱらショートホーン+スラントプレートレンズが使われたわけだが、4430/35で突如姿を現わしたのがバイラジアルホーンである。音響レンズにはメリットがあるものの、やはりレンズ自体の固有音があり、ロスも生じる。
 また、ダイアフラムからの音はインダイレクトにしか聴けないわけであり、もう一度原点に戻って、ホーンの形状だけで音をコントロールしようとして出てきたのがバイラジアルホーンだと思う。レンズをなくすことで、ダイアフラムの音をよりダイレクトに聴けるようにして、高域感やS/Nを上げようとしたものであろう。また、通常のホーンは、高域にいくにしたがって指向性が狭くなり、軸をずれると高域がガクッと落ちるのであるが、この形状のホーンでは周波数が上がっても指向性があまり変らず、サービスエリアが広くとれるということである。現在のJBLは、このバイラジアルホーンに加え、スラントプレートタイプのホーンもつくり続けている。
コーン型/ドーム型ユニット
 コーン型ユニットに移るが、ここではウーファーに代表させて話を進めていく。ウーファーの磁気回路の変遷は、コンプレッションドライバーとほぼ同様だが、しかしフェライトへの移行に際し、JBLではウーファー用にSFGという回路を開発し、低歪化にも成功したのである。また、マグネットは過大入力によって磁力が低下(滅磁)する現象が起きることがあり、アルニコのひとつのウイークポイントであったのだが、フェライトには減磁に強いという性格があり、モニタースピーカーのように大パワーで鳴らされるケースでは、ひとつのメリットになると考えられる。
 JBLのウーファーは軽いコーンに強力な磁気回路を組み合わせた高感度の130Aからスタートしたが、最初の変革は1960年ごろに登場したLE15Aでもたらされたと考えられる。LE15Aは磁気回路が130系と異なっているのも特徴であるが、それよりも大きいことは、コーン紙にコルグーションを入れたことである。コルゲーションコーン自体は、その前のD123で始まっているのだが、ウーファーではLE15が初めてで、特性と音質のバランスのとれた画期的な形状であった。ただし、130系に比べてコーンの質量が重くなったため(これはコルゲーションの問題というよりも振動系全体の設計によるもの)感度は低下した。現在でも全世界的に大口径コーン型ユニットの大多数はコルゲーションコーンを持ち、その形状もJBLに近似していることからも、いかに優れたものであったかがわかる。またLE15ではロール型エッジを採用して振幅を大きく取れる構造とし、低域特性を良くしているのも特徴である。
 モニターシステム第一号機の4320には、LE15Aのプロヴァージョン2215が使われたが、以後は、130系の磁気回路にLE15系の振動系を持ったウーファーが使いつづけられていくことになる。また、ボイスコイルの幅が磁気ギャップのプレート厚よりも広いために振幅が稼げる、いわゆるロングボイスコイル方式のウーファーをほとんどのモニター機では採用している。特筆すべきは、ことモニター機に使われた15インチウーファーに関していえば、4344まで130系のフレーム構造が継承されたことで(4344MkIIでようやく変化した)、JBLの特質がよく表われた事象といえよう。
 ロールエッジの材料はLE15の初期にはランサロイというものが使われていたが、ウレタンエッジに変更され、以後連綿とウレタンが使われつづけている。ただし、同じウレタンでも改良が行なわれつづけているようである。スピーカーというものは振動板からだけ音が出るわけではなく、あらゆるところから音が発生し、とくにエッジの総面積は広く、その材質・形状は予想以上に音質に影響することは覚えておきたい。
 コーン紙にはさらにアクアプラストリートメントを施して固有音のコントロールを行なっているのもJBLの特徴である。ただしそのベースとなる素材は、一貫してパルプを使用している。
 S9500/M9500では14インチのウーファー1400Ndが使われたが、これはネオジウム磁石を用い、独自のクーリングシステムを持った、新世代ユニットと呼ぶにふさわしいものであった。またこのユニットは、それまでの逆相ユニットから正相ユニットに変ったこともJBLサウンドの変化に大きく関係している。
 なお、モニター機に搭載されたユニットのなかで、最初にフェライト磁石を採用したのは、コーン型トゥイーターのLE25であるが、SFG回路開発以前のことであり、以後のトゥイーターにも、振幅が小さいためにSFGは採用されていない。
 ドーム型ユニットのモニター機への採用例は少ないが、メタルドームを搭載した4312系の例がある。素材はチタンがおもなものだが、途中リブ入りのものも使われ、最新の4312MkIIではプレーンな形状で、聴感上自然な音をねらつた設計となっている。
エンクロージュア
 JBLのエンクロージュアの特徴は、補強桟や隅木をあまり使わずに、まずは側板/天板/底板の接着を強固にして箱の強度を上げていることが挙げられる。材質はおもにパーティクルボードで、ほとんどが、バスレフ型。バスレフポートは当初はかなり簡易型の設計であった。これは、とくにスタジオモニターの場合、設置条件が非常にまちまちであり、厳密な計算で設計をしても現実には反映されにくいため、聴感を重視した結果であろう。
 エンクロージュアのプロポーションは、比較的奥行きが浅いタイプであるが、一般的に奥行きの浅いエンクロージュアのほうが、反応の速い音が得られるために、こうしたプロポーションを採用しているものと思われる。
 時代とともにエンクロージュアの強度は上がっていき、いわゆるクォリティ指向になっていく。材質は最近MDFを使うようになったが、これはバラツキが少なく、かなり強度のある素材である。JBLがMDFを採用したのには、システムの極性が正相になったことも関係しているだろう。すなわち、逆相システムはエッジのクッキリした音になりやすく、正相システムはナチュラルだが穏やかな音になりやすいため、MDFの明るく張った響きを利用して、正相ながらもそれまでのJBLトーンとの一貫性を持たせたのではないかと推察される。モニタースピーカーは音の基準となるものであるから、この正相システムへの変化は重要なことではあるが、コンシューマーに限れば、どちらでもお好きな音で楽しめばよいように思う。そのためにはスピーカーケーブルのプラスとマイナスを反対につなげばよいだけなのだから。
 エンクロージュアの表面仕上げも重要な問題である。JBLのモニター機は当初グレーの塗装仕上げであったが、これはいわゆるモニターライクな音になる仕上げであったが、途中から木目仕上げも登場した。木目仕上げは見た目からも家庭用にふさわしい雰囲気を持っているが、サウンド面でもモニターの峻厳な音というよりも、もう少しコンシューマー寄りの音になりやすいようだ。M9500ではエンクロージュアの余分な鳴きを止めるためにネクステル塗装が行なわれており、モニターらしい設計がなされているといえる。
 吸音材の材質/量/入れ方も音に大きく 影響するが、とくに’70年代に多用されたアメリカ製のグラスウールは、JBLサウンドの一端を大きく担っていたのである。
クロスオーバー・ネットワーク
 JBLのネットワークはもともと非常にシンプルなものであったが、年とともにコンデンサーや抵抗などのパラレル使用が増えてくる。これはフラットレスポンスをねらったものであるが、同時に、音色のコントロールも行なっているのである。たとえば、大容量コンデンサーに小容量のコンデンサーをパラレルに接続する手法を多用しているが、この程度の容量の変化は、特性的にはなんらの変化ももたらさない。しかし音色は確実に変化するのである。また、スピーカーユニットという動作時に複雑に特性が変化するものを相手にした場合、ネットワークはまず計算どおりには成り立たないもので、JBLの聴感上のチューニングのうまさが聴けるのが、このネットワークである。ネットワークの変化にともなって、音はよりスムーズで柔らかくなってきている。
 こうして非常に駆け足でテクノロジーの変遷をたどってきたわけだが、JBLがさまざまな変革を試みてきたことだけはおわかりいただけたのではないだろうか。そしてその革新にもかかわらず、JBLトーンを保ちつづけることが可能だったのは、ランシング以来の50年以上にわたる伝統があったからではないだろうか。
2017/03/13

ブログの模様替えをしました

ブログ開設以来、ずーと同じテンプレートでしたが、

雪が降らなくなったり、時計が止まっていたりと、

おんぼろになりましたので、テンプレートを変更しました。

ますます特徴のないブログになっていますが、

お越しいただいていますお人には、今後ともよろしくお願いいたします。