2014/11/05

第四回お四国その第1日め(10月30日)

早起きして、瀬戸街道を通り、名古屋城公園を抜けて新幹線口まで・・・


早朝なので1時間ほどで到着


まずは、博多方面始発の新幹線のぞみ号で岡山まで





岡山から、瀬戸大橋を渡り四国に入ります。





坂出駅に到着


仕事で何度も(数限りなく)通過していますが、駅を降りたのは初めて





駅前には、イオンがあります。





イオンの前の道を右手に、ひたすら東を目指します。


オドメーターチェック  5419.7km





6kmほどで、81番札所白峯寺まで8kmの道路標識があり、


おーーー、あの見えてる山を越えてその先に行くんだなあーということです。





山登りを初めてしばらく行くと、遍路道入口がありました。


こっちに行ってはいけません。きれいなのは最初だけです。





瀬戸大橋側が、とてもよく見えました。


81番札所白峯寺の山門です。





山門をくぐるとまず、大きなお社があります。





おおー、第75代崇徳天皇を祭っているお寺でした。





その奥に広い境内があります。





団体さんが大勢、本堂にお参り中でした。





本堂を横から・・・・





そして、大師堂です。





白峯寺の次は、また山越えです。


来た道を振り返ると、斜度8%  スピード注意 の看板があり、





82番札所根来寺の山門です。





本堂です。





大師堂です。





ここから一気に高松市内に向かってダウンヒルです。





延々こんなくだり道が続き





猛スピードで下っていると、なんだか・・・スローパンクしているみたい・・・・


段差を乗り越えるとき、グニュグニュするなあ…と思っていると、


段差で、ガツーーーン と、地面の感触が突然あり、パンクです。


最近パンク修理はなれたもんで、ホイホイ「チューブの交換をして出来上がり」だったんですが、


ホイールリムが変形しているため、前輪ブレーキをかけるたびに、きゅーーーゴニュと、


ブレーキがうまくかかりません。


まあ、とりあえずは走れるけど、下り坂を暴走することはできなくなりました。





そして高松市内に入り、83番札所一宮寺の山門です。





境内に入ると・・・





本堂と大師堂があります。





その先にも山門があり





遍路道が境内を通っているようです。





本堂にお参りして





大師堂にお参りしました。





一宮寺の次は、高松市内を抜けて行きますが、


ついに来ました日本3大庭園「栗林公園」です。


この前の道路までは、何度も会社の車で通過したことがあります。


しかし入ったことはありません。


門に立ち止ったのも初めてです。





トイレも格調が高い。





中に入る時間はないので、入場切符売り場を記念撮影。





そして高松市内を抜けて、屋島をめざします。山の形が特徴的なので遠くからでもわかります。


そして、屋島神社に到着。屋島神社にお参り





ここで大きな誤解をしていました。


屋島山の正面の、屋島神社に来れば、その横を通って目的地の屋島寺に行けれると思っていたんですが、


そんな道はどこにもない


うろうろしていてもしょうがないので、土産物屋のおばさんに聞いてみると、


2km戻って、登山道を45分かかって上るとのことでした。


この登山道が分かり難い・・・・・


時間のロスをだいぶしました。


84番札所屋島寺の山門です。





一つ山門をくぐると、また山門があり





本堂です。





大師堂です。





屋島寺の登山道入り口に戻ってきたときにはすでに暗くなりかけていました。


そこから、さらに隣の山に八栗寺に行きます。


暗いので道を間違えたりして・・・・ケーブルカー入口に到着した時は、すでに6時半を回っており・・
当然ケーブルカーはすでに終わっています。


ケーブルカー脇の土産物屋で、参道の入り口を聞くと・・・


「もう、やめとき。いのししがでるでえ・・・」と、脅かされ・・・


それでも、山門脇の宿屋を予約しちゃたからと説明すると、


「自転車は辞めとき」「劇坂で上れえへんから」とのことで、道端のお社の後ろに置くことにして、


金剛杖を借りて、参道を登ります。


誰もいない参道を一人で登るのは怖いですねえ・・・・いのししが出ると脅かされているのでなおさらでした。


そして到着。八栗寺はほのかな明かりで出迎えてくれました。





明日の朝お参りします。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント