2013/06/18

DIY外壁塗装(完成披露)

DIY外壁塗装のポイントは、
1.足場はしっかりしたものを、お守りに保険加入。
2.塗料の選定と購入先(安くても古い塗料を売りつけられないように注意)
3.塗装の肝は「養生」です。私は甘く見ていて失敗しました。
 (シロートぽくってよいでしょ・・・と思うことにしています)
4.副資材、道具は良いものを選定・・とくに「ローラー」
5.それなりに安く完成できるが「激安ではない」。
と書きました。
・・・・・
今回は、足場も取れたので完成披露ということで・・・
なんということでしょう・・・南面です。
6月17日塗装完成南面P1000353
艶あり塗装の三度塗りなのでピカピカしております。
2回ベランダの隠し部分だけグレー塗装しました。
シャッター戸袋はタッチペイントしただけです。
北面です。
6月17日塗装完成北西面P1000354
まあまあですねえ・・・・(謙遜です)
・・・・・
ついでなので、「足場について」

ネットで足場の相場を調べると、平米1500円くらいかなあと思われる記事もありますが、
かなりばらついているようです。
今回は、「ムービルト」という名古屋の足場専門会社に依頼しました。
ここはホームページもあり、
足場の設計図を自分で作成して発注すると平米1350円という表現があり、
飛びついたわけですが、
実際には、「そのサービスはもうやっていません」とのことで、
1か月平米1850円(この業界は、建物の総床面積が単価標準のようです)、
たぶん3か月2450円という感じでお願いできるようです。
営業マンは、しっかりしたオネエサンで、打てば響く感じでした。
なおこの価格が妥当かどうかですが、知り合いの建築屋が18万円で組んであげましょうかと言ってきたことから、それほど高くはない(安くもない)ということと思います。
とはいえ、借りられて何ぼのものですから私は満足しております。
・・・・・
発注して実際に使用した感想は、
「さすが専門業者が作る造作」ということで、
私の身長(182cmとおおきいのね・・)と、「外壁塗装」ということを配慮してくれて
(実際に、ちょっと組み直しをしてくれた)
とても動きやすく塗りやすかったです。
また、ヘルメットと腰巻も貸してもらえました。
保険屋も紹介してくれましたし、解体を早くしてほしいとの要求も対応してくれたので
わたしには満足できた業者さんでありました。
・・・・・
「塗装する範囲」について

わたしは屋根の塗装はしませんでした。
屋根の状態はコケまるけP1000348

理由は、すでに30年近く経過して屋根材のカラーベストが風化して
変形劣化しているため、
塗装しても寿命を延ばせそうもなかったし(たぶん寿命はあと10年ほど・・・そっとしておけば20年ほど?)
変形したカラーベストの上に塗装のために体重83kgの私が乗ると、
割れる危険が高いと判断したためです。
屋根の状態はカラーベストが変形して浮いているP1000350
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント