2012/09/28

ええけしきです



真ん中の超高圧鉄塔の左に瀬戸タワーがあります。
(北東方面を工場4階建て屋上から見ています)
建設中の2001年から2002年あたりに大林組の本店の電気設計の偉いお人と付き合いがあったので、
スカイツリーの練習なんだわあーというのは聞かされておりました。
ということで、大林組がスカイツリーを建設することはずいぶん前から知っておりましたし、
「あんたまだはやいわー」と、東武鉄道の準備室の課長さんに言われたり、
古河電工の川崎工場に置いてある双ループアンテナ(てっぺんにつく赤白のパンケーキ)を
内緒で見学行ったのも当時の付き合いならではでした。
八事タワー
八事タワーは左端に立つ2棟の赤いマンションに隠れて先ちょしか見えていません。
このため、ずいぶん長い間(入社してからずいぶん長い間)
東山動物園のスカイタワーが八事タワーだと勘違いしていました。
22年程前かなあ・・・
「同軸ケーブルに誘導する外部信号ひずみが問題なんだ」なんてことになり、
じゃあ、名古屋で最も高電界である八事タワーの下に行って
測定すればよいんじゃないの・・・なんてことですぐに行動。
八事タワーの東側のテニスコート付近の歩道で、
測定機材一式を設置し、お店を開いて測定開始
ナンカ・・ピーポーピーポてくるぞと思っていたら・・・
おれらあを捕まえに来るパトカーだったなんてこともありました。
(そのときは勝手なことを言い逃れて逃げました)
ちなみに八事の周辺は、軒並み10mw/mをはるかに超える高電圧が誘起
体に良いわけございません・・・・
まあ・・それも、アナログ停波とともに改善されました。
メデタシメデタシ・・・・
この超高圧鉄塔の停電時の誘導電圧で電子機器が壊れるなんて論文を
一生懸命書いていたのも良い思い出です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント