2010/06/30

自転車が来た

(自転車が来た)
来たわけじゃなくて、車で土曜日の午後一に引き取りに行きました。
車なら、自転車屋まで10分です。

「自転車できてますか」、
「はあい」。
ご対面です。初めて見ます。なにしろ「こちらはシロート」。全てお任せコースです。
なにもしらないし。金払うから早く頂戴と言う感じ。
自分でなにを注文したか、よく判ってないです。
自転車メーカーが世界最大だからGIANT???なのだろうかと言うくらいしか知りません。

「どうですか」、うーーー、ああこれですね。MY自転車がありました。
うかつにもそれは、目の前にありました。
実物はさらにかっこいい(うっとり)。
納品書ありますか(すぐ金払って持っていこうとするわたし)。
「ありがとうございます、232500円になります」。
こいつ、端数の2500円もおまけするつもりないな。と思いながら支払いをしました(貧乏人は現金をはらうのさ)。

「あの、ポジションですけれど、先日こられたときに採寸した数字を基準に設定してありますので」
「一度またがってみましょう。」
「ちょっと楽目にしてありますから、大丈夫だと思いますけど」。
はい、よいしょ、
うーーーーーー、苦しいい。
「どうです」。
いやあ、初体験です。
結構シート(このときまだ、私の辞書に「サドル」はない)、高いですねえ。
これで低いんですか。まずこれで慣れてみます。
「じゃあ、一度降りて靴はいてもらえますか」。
はい、
もた・・・どす・・ん。・バリッ・・・ごそごそ・・。
「痛くないですか」
「先日、合わせたサイズなので、大丈夫ですか」。
(足の血が止まりそう・・・)(でもがまんしよ)。
「ハイ、じゃあもう一度またがってください」
「今履いた靴は、スキーの靴のように、ペダルと靴が固定できるようになっています。」
「ビンディングです。判りますか」
「右足のペダルを下にして、金具を合せて踏み込んでえええ・・・」「カチッ」
「そうです。同じように左足を・・・カチッと」
「ペダル踏んでみてください」。
おおっ、足上げるときもこげるんですねえ、すごいなあ・・・。
「はずす時は、左足を下まで回してえ、かかとを外にグイッと・・・はずれませんか、もう一度・・・、はずれましたね。同じように右足を、グイッと」
「左足からはずしましょうね。コケルなら歩道側にですよ」。
「変速シフトの説明をしますね。左がフロント。右がリア」
「握るとブレーキ、右が前、左が後ろ」。
「ちょっとそこで踏んでいてください」。

ここでしばらく放置プレーとなる。

シャアアアーーーー、カチカチッ、グチッ、カチッカチッカチカチカチカチカチカチ、シャアーーーーーーー、ギュ、ゴキ、――――――――、シャアーーーーーーシャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、ギュー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、コチッコチッコチコチコチコチカチカチカチカチ、シャアーーーーーーー、ギュキ――――――――、シャアーーーーーーシャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、ギュー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、カチッカチッカチカチカチカチカチカチ、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーシャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー、シャアーーーーーーー
(つづく)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント