2011/10/01

お四国準備(輪行袋の使い方)

お四国準備(輪行袋の使い方)

突然ですが、「輪行」って知ってますか?
(答え)自転車を分解して袋に入れると、電車やバスに乗せてもらえるので、
自転車を袋に入れて、電車・バスに乗せてもらって遠くに行くこと。
なお、高速バスは乗せてもらえない。
また、今までに何度もしたことがある自分の自動車に乗せて行くことは、
「トランスポート」と言って、輪行とは区別されているらしい。
確かに自分の自動車に乗せるときは、前輪だけ外して、
そのまま乗せちゃうなんて、ええかげんなことをしていますから、
しっかり、袋の中に入れる「輪行」とは違うようです。
・・・
今回のお四国計画の中で、何度か輪行しようと思っています。
「いんちきジャン」と思ったあなた!・・・
いんちきではございません・・・・(キッパリ)
今回のお四国計画の中に、「四国カルスト」見学が入っています。
これが、山の向こうにある・・・そう簡単にはいけないし・・・
それがわたし・・ふとしたことから、「津野町営バス」と言うのが走っていることを発見しましたです。仕●中に何気なく検索したら偶然出てきた・・・・いやあ・・いつもお参りしている効果ですかねえ・・
宿に問い合わせたら、なんと・・「リフト付バス」で自転車をそのまま乗せてくれるとのことでした。
そういうことで、困難を極めるはずだった山越えを難なくクリア・・・
わたしは、バス運賃を払うだけです。すばらしい・・・・
それに、スキーだってリフトに乗るでしょ・・自転車だってよろしいですもん・・・
なにが悪いんだよう・・

・・・
ということで、輪行の練習です。
輪行バックは、1年以上前に買った・・(使ったことないけど・・・)
しかも、3つも・・・
そのうちのひとつ、「オーストリッチ」の輪行袋の使い方です。
(取扱説明書をほからずにとっておいたから、なんとかなる・・・)
・・・
まず最初のお姿です。
青巨人号の「お四国ドレスアップ状態」です。
サドルバックと、フロントバックが巨大です。
これが結構重たい・・・
青巨人ツアー仕様1
まず最初にすることは、フロントバックは取り外して、
前と後ろのタイヤを外します。
そして、自転車をでんぐり返します。
ペダルも取り外します(わたし、成長しました。ペダルがとりはずせるようになった)
タイヤをはずす2
エンド金具と言う、ディレイラーを保護しながらでんぐり返した自転車を立たせる金具を後輪側に取り付けます。そして、自転車を倒立させます。
また、汚れるのがいやだから、チェーンカバーもチェーンに被せます。
エンド金具をつけ倒立3
タイヤを左右抱かせます。
後輪側には、スプロケットカバーも被せます(完ぺき主義者ですネン)。
タイヤを左右抱かせる4
輪行袋を用意して、自転車を入れ始めます。
輪行袋を用意5
袋の中に収納していきます。
収納6

輪行状態の完成です。
紐を肩にかけて持ち歩きます。
結構重たいです。
輪行状態完成6

出来上がりまでに、特急列車を2本乗り過ごす・・・・
(悪戦苦闘・・・1時間半もかかった・・・)
でも、でけた!
どんなもんだい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント