2010/07/21

デルガード、擦り傷手当ての優れもの

(デルガード:擦り傷手当ての優れもの)
先日、サイクリング中に転倒して、顔にひどい擦り傷ができたと言う話を書きました。
その治療のため、「デルガード」という絆創膏を使いました。バンドエイドの親分のようなものです。サイズはS,M,Lと3種類あります。わたしは治療場所が鼻の下全面と言うことで、Mサイズを使用しました。
最近良く聞く擦過傷治療の基本は、「1.水道水で十分洗う」「2.絶対消毒しない」「3.傷口を乾燥させない」「4.自分の皮膚細菌と白血球の力で直す」「5.様子を見ていて、化膿がひどいようなら迷わず医者に行く」というものですが、この3番、4番にデルガードはよくマッチしています。高級品でバンドエイドキズパワーと言うのもありますが、サイズと場所を選びます。デルガードMサイズ20枚入り980円。1枚あたり約50円です。
徳用箱です。Mサイズは20枚入り
個別梱包されているので、持ち運びに便利

まず、貼る場所に合わせてはさみでカットします。そして貼ります。
初日は、3時間おきくらいに交換します。4日もすると、6時間おきくらいで交換しました。痛くて寝られなかったと言うのもありますが、私は夜中も交換していました。
はさみで大胆に加工します。風通しも良いので、あまりかぶれません。

交換で、顔からはがす時は慎重に、治りかけの部分にキズをつけないようにゆっくりはがします。
わたしは、1週間で7割方回復しています。回復が本当に早いです。
はさみを使って、形状を患部に合わせて、加工できるのがとても良いです。
もっと早く知っていたら、ひざの擦過傷がもっと早く治ったと思います。傷口が黒くて汚いままなんてこともないようです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント