2011/05/21

素焼きしました(第一回め)

素焼きしました(第一回め)

品野陶磁器センター陶芸教室の生徒さんであるシゲサブローですが、
ついに、お願いして素焼きさせてもらいました。
素焼きは、電気窯一杯分で2100円也です。
もちろん、ご指導があります。と言うか、ご指導つきです。
ご指導つきで2100円は安い!
今回のご指導係り(シゲサブローご担当)は、韓国イケメン俳優・・・
そういやあ・・・お名前を知らんなあ・・・・
今後、チェックしときます。
そういえば、陶芸教室のセンセは、たくさんお見えになりまして・・・
一度、センセのご紹介もせないきませんなあ・・・
大先生は、「マユミ先生さま」でございます・・・
声が大きいし、高い声なので、いつも・・・とどろきわたっておられます。
あと、ミタアキラセンセと、ツジモトキヨミセンセがおられます。
さらに、何人かのセンセがおられるようです。
・・・
素焼きは、窯に今回分全てが何とか収まりました。
こんな感じのこともしております。
茶碗の中に、茶碗を入れたりして・・・
スペース効率の追求デスネン。
窯詰めの感じ
ということで、素焼きをしました。
全部で4時間焼きます。
最初の2時間は、蓋を完全に閉めないで、
少しすかした状態で水蒸気を抜きます。
2時間経過したところで、蓋を完全に閉めて更に2時間焼きます。
デンキ窯外観
4時間素焼きしたら、後は自然乾燥させます。
翌日でも取り出せるようですが、
わたしは、日曜日に4時間素焼きして、翌週土曜日まで放置させてもらい、
本日、窯開けという事をさせてもらいました。
いよいよ、窯開けです。
素焼き窯開き
手前は素焼きが終わった作品を載せる棚板です。
いつもこの棚板に作品を載せて、移動したり、保管したりしています。
どんどん、棚板に作品を載せていきます。
窯1段目途中
1段目が終わったら、次は2段目を棚板に載せていきます。
窯2段目
もうすぐ終わりというところまできました。
棚板に載せた状態
もうすぐおしまいです。
頑張りました。
窯開けもうすぐ終わり
全部、窯開きが済むと、作品を棚板に載せて、保存棚に収納します。
シゲサブローは背が高いということで、棚の上空を使用するということになっています。
素焼き結構あります
結構たくさんありますねえ・・・・
つぎは、絵付けです。
コレも、ご指導をお願いしながら進めていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント