2011/02/26

台北旅行に行ってきました(その1:「お土産の肝」遍)

台北旅行に行ってきました(その1:「お土産の肝」遍)

故宮博物館で一番名高い水晶でできている白菜です

わたし、ひさびさの海外旅行(まあ率直に言うと会社の慰安旅行)に、
行ってきました。
2011年2月22日(火)から25日(金)までの3泊4日
自転車と陶芸がダイスキなシゲサブローが行く「冬の台北旅行」報告レポートです。
まず、日にちを書いたのは平日のパック旅行で行ったということが言いたかったからです。
ドニチ休日をご利用の場合とは、かなり事情が違うと思われますので・・・
要は、故宮博物館でもすいてましたデス。ハイ。どこも好きなだけ見放題でした。
・・・
まずは冬の台北の印象です。
1.冬の台湾は雨季です。偶然私たちは4日のうち3日は雨は降っていませんでした。
 でも、朝は曇りです。ドヨーンとしていました。
2.台北にいる限りは、そんなに寒くありません。
 でも、台湾人は寒がりのようです。
 半そで下着に長袖で歩いていると、みんながこちらが恥ずかしくなるほどの厚着をしています。
 日本の冬の格好を台湾人はしています。
 あんたたち、汗でないの?・・・という感じでした。
 これは、冗談じゃなくて、何箇所か現地案内してくれた台北在住のおかたにも、
 心配してなんども言われました。
 ・・・「あなた、見ているだけでさむい!・・何か着てくるアルヨ・・・」
3.台湾の商業的な朝は遅く夜は長いです。デパートは11時開店21時30分閉店です。
 商店街、コンビニ以外のお店、観光地も、昼からガンバリマスみたいな感じでした。
 でも、会社始まりは日本と変わらないので、交通機関は一緒です。
 地下鉄・モノレールに相当するMRTや鉄道、バスは、朝6時から24時少し前まで動いています。
 その他時間を問わず、タクシーはどこにでもいて、すぐに拾えます。
 BMWのタクシーだっていましたし。
 このため、見学や買い物の計画を立てるときに注意が必要です。
 朝から大丈夫なのは、8時半始まりの「故宮博物館」くらいかもしれません。
4.コンビニは24時間営業をしています。
 セブンイレブン、ファミリーマートはそこらじゅうにありました。
(ちょっとご注意を)
 ホテルの近くにセブンイレブンがあったので、良く利用しました。
 品揃えも日本と同じように見えますし、システムもまったく同じなので快いですが、
 入る前から大人気商品「関東煮」・・コレは日本のおでんのつもり・・の匂いがプーーーーン
 気にならない人はよろしいですが・・・(シゲサブローはちょっと敏感でして・・)
 あの、香港でも嗅いだ独特の香辛料と言うかハーブ臭がしてしまいます
 ・・・ううーー
 ビールは、「台湾ビール」の買いまくりで大変お世話になりました。
 シゲサブローは、滞在3日目に胃腸をやられて、
 お夕食を「ハム野菜サンド」と「野菜ジュース」をと思い、買いだしに行きました。
 ありましたのでGET、
 野菜ジュースはいつも飲んでる野菜ジュースと同じ配色のパッケージを見つけてGET。
 ところが、姿かたちはいつもの「ハム野菜サンド」なのに・・・
 一口食べると・・・・「あた、なんかいれたやろう・・・」
 野菜ジュースを一口飲むと、「うっ・・・
 アナタなにかいれましたデスカ?」
 と言うぐあいで、ちょっと困りましたです・・・気にならないお人は大丈夫です。
 わたし、体調不良だったもので・・・・・・・・・・・
5.冬と言うわけではないですが、台湾の町の景色は、ちょっと見は日本と全然違和感がないです。
 車は圧倒的に日本車です。
 日産のセフィーロなんてすごく愛されていたりなんかするような気がしました。
 トヨタ・レクサス・ホンダが多いです。
 あとは、バイクです。スクーターがやたら走っています。それと道路端に駐車してあります。
 自転車で街を走っている人もいましたが、「命がいくつあっても足りないかも・・・」
 車と、バイクと、自転車が平等に走ります。ご遠慮無用!と言う感じでした。
 交通状態
 イメージわかりますかねえ・・・、こいつら一斉に競争して走っていくんです。
 車とバイクは対等な立場ですねん・・・
 ままちゃりに乗ったオバちゃんも、コレによく似た状況の最前列からスタートしているところを
 見ましたです。
 そんな時も、だれもクラクション鳴らさないです。
 ままちゃりのオバちゃん自転車の1メートル四方だけに電磁バリアーが存在するような状況になるのです。
 すごかったなあ。
 おばちゃんは、隅っこにいるわけでないです。オートバイに挟まれてスタンバッてるんです・・・・
・・・
(出発の状況について)
 出発地はセントレアでした。
 私たちが乗った、中華航空TAIPEI150と、
(10:05セントレア発台北行き12:25台湾桃園国際空港着)
 帰りの中華航空TAIPEI151(17:15台北桃園国際空港発、21:00セントレア着)は、
 日本人と台湾人に人気で、連日満席状態とのことでした。
 このため、出発・帰国の両方ともにチェックインカウンターはごった返していました。
 早めの空港到着が肝要のようです。
(ワンポイント)チェックイン時には、一緒に座りたい二人が同時にお姉さんに荷物を出して
 発券を頼みましょう。手続きが早くなるし、確実に一緒に座れます。(余分な事かも・・)
シゲサブローは、早朝8時前にセントレアに着きました。
チェックインを済ませて、ゴールドカードラウンジに行き、
ビールを三杯・・・このラウンジのビールはうまいですねえ・・・
おつまみも一掴みポケットに入れていけば、おやつに困らないし・・・
ゴールドラウンジのビール
おつまみに、あの「山ちゃん」を初めて買ってしまいました。
知らない人はいないだろうけど、コレです。
出発前山ちゃん.jpg
お姿はコレです。
出発前山ちゃん姿.jpg
いやあ・・ビールはたくさん飲めますが、おいしい手羽先は他にたくさんありますですねえ。
わたし的には、お土産手羽先なら、「石昆」ですわー
・・・
さて、今回は突然最終日のお土産の話になりますです。
では、台北土産はなにがよろしいかにお答えしましょう
(今回購入したものを述べますです。ハイ)

1.ナンバーワンは、なにが何でも「パイナップルケーキ」でしょう。
 わたしは、 SOGO復興店グルメ街「新勝発」のパイナップルケーキを買いました。
 3日目に「九分(ジュウフェン)」に行ったときに、ガイドブックにも載っている
 「九分茶坊」の茶芸のお菓子にもあったパイナップルケーキにも通じる
 すっきりした味でおいしいです。
 5個買うと一個おまけしてくれると言うことで、一箱300元×5個=1500元でした。
 1箱に10個入っています。
 SOGOグルメ街の小籠包の有名店「県泰豊=ディンタイフォン」とセットで、
 行動するときにとても便利でした。
 (シゲサブローは4日目にそうして買いました)
おみやパイナップルケーキ
 10こ入りのうちの一個はコレです。
 金ぴかだから良いって言っているわけではございません。
フーリンティー

2.故宮博物館土産
 こんなのを、地階のお土産品売店で買いました。
 まずは、姫君方に巾着袋大小です。
 巾着袋大は480元、巾着袋小は200元でした。
 大きさの割には巾着小は割高ですが、持った感じは「主要材質:綿」で、
 手触りも良くて、高級品ですねん。
故宮巾着袋
 巾着袋大のご使用時のお姿です。
おみや巾着袋大
 姫君方が欲しいといわしゃられましたら、差し上げようと思い買いました。
 ファイルケース3種です。
 2-3枚入って一つ150元でした。
おみやペーパーホルダー
 地階のお土産品売店の左隣が郵便局になっています。
 そこで、記念切手を買いました。
 「故宮博物館文物250元」でした。
 ばたばたしていたので、エアメールは出せませんでしたが、
 ご挨拶状をこの切手を貼って、追加でエアメール分切手をはって
 出すのも粋でしたなあ・・・失敗しました。
おみや記念切手
 さて、故宮土産の〆は、やはり「故宮博物館図録」でしょう。950元です。
 正式名称は「国立故宮博物院 故宮勝概新編」です。
 重いですけど、コレは絶対外せません。
故宮図録

3.SOGOグルメ街の小籠包の有名店「県泰豊=ディンタイフォン」に行ったついでに、
 同じ地下2階のスーパーマーケット側も見学して、
 ココナッツバターを買いました。
おみやココナッツバター
こんなお土産も肩がこらなくてよいと思い買いました。
いくらか忘れましたが、安くて重いです。

4.シゲサブローは陶芸に興味がありますので、茶碗を2種類買いました。
 ひとつは、故宮博物館で天目茶碗を1600元で購入しました。
 これです。
おみや天目茶碗
 
 夫婦天目茶碗(ちょっと小ぶりで2個セットのもの)は、2000元でした。
 もうひとつは、3日めに九分に行ったときに入った茶店「九分茶坊」で、
 お茶セットを購入しました。2750元でした。
おみや茶器
 下方に見えている黒い棒は「茶せんをサービスします」
 と売り子が言っていた 桜の小枝です。
 よーお、サービスなんていうわ・・・と、思います。

5.自転車用品の購入
 こんかいは、自転車用品購入ツアーと言うことでしたので、
 他のお土産も買ったSOGO復興店6階のGIANTショップに行きました。
 でも、価格は微妙です。
 確かに安いけれど、それほど安くはないと言うか・・・
 でも、お買い物ツアーなんだからと言うことでいくつか買いました。
 妄想していたことは、「なんでも日本の半額」ということでした。
 とくに、ミシュランPRO3レースとチューブが安く手に入らないかなあと
 思っていましたが、だめなようでした。
 ということで、買わんでもよいような赤ライトを400元で購入、
おみやバックライト
 お次は、トップチューブに取り付けるサドルバックを400元で購入。
おみやサドルバック
さらに、水筒100元を購入しました。
おみや水筒
ということで、台湾お買い物ツアーの「お土産の肝」遍を終わります。
(明日に続く)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント