2011/02/19

品野陶磁器センター道の駅偵察

品野陶磁器センター道の駅偵察

今日は、品野陶磁器センターに、陶芸教室があるということで偵察に行きました。
ついでに、うわさの品野道の駅を見てきました。
シゲサブローの家から品野陶磁器センターまでは8kmほどです。
森林公園を通り、瀬戸運動公園から、穴田町に、
信号を右折して品野陶磁器センターを目指します。
難なく到着(でも、ひさびさのロードバイクなので、ちょっと足が痛い・・かも)
陶磁器センター看板
9時半についてしまいましたので、お客さんは、ほとんどいませんでした。
品野道の駅塀越
ほとんど完成してますねえ・・・・
ちょっと、脇から全貌を確認しました。
こんな感じです。
品野道の駅全貌
・・・
今日の本題は、陶芸教室です。
陶芸教室は奥にあります。
結構広いです。子供会の団体さんを受け入れたりしているそうです。
設備は、電動ろくろが9台。素焼き用の電気窯が1台。
本焼き用の窯が2台(ガス釜みたいでした)
席が50ほど・・・
先生は、男が2人、女が2人・・・かなあ・・・
設備は十分すばらしいです。
陶芸教室の料金は、確認してきました。全て大人がひとりで行った場合です。
1.時間は10時から16時まで。 年中無休
  ただし、子ども会などの団体が入るとたぶんごった返してできなくなりそう・・・
  確認は、ホームページでできる。
2.単発陶芸教室 一日1575円
  この場合の制約は、窯は使用できない。
  料金は、土代金は込み。本焼きは、ろくろはグラム2円。手びねりはグラム1円。
  釉薬代は本焼き代に含まれる。
  結構、コレを継続している人はいるらしい。
3.自分で窯を使いたい人は、入会が必要。
  入会金10500円。(コレは返ってこない)
  月2回コース4200円。月5回コース8400円。フリーコース10500円
  追加講習は1回あたり1575円
・・・
ということでした。
釉薬や、土はふんだんにそろっているし、道具はきちんとあるし・・
団体さんがいないときは、先生はきちんといるようです。
入会しようかなあ・・・
シゲサブローは、実は「ろくろ」ができません。
結構、唐突に多田羅作りやあ・・・とか、自分で釉薬をかけるんやあ・・・なんて、
我流でやっています。
ここは、ひとつニュートラルな陶芸知識が欲しいなあと思います。
近いこともあるし・・・台北旅行がすんだら、はじめてみたいですねえ・・・
まあ、タイミングが合えば、現在の陶芸先生のところで焼いてもよいし・・
現在の陶芸先生のところは、時間に関係なく、貸しきり状態で陶芸ができるし・・
家が汚れずにすむし・・・
二本立てですかねえ・・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント