2011/01/03

「なごや七福神めぐり」に行ってきました

幸せ求めてなごや七福神めぐり

このタイトルは、なごや七福神霊場会のキャッチコピーです。
きょうは、なごや七福神めぐりをドニチエコ切符を購入・利用して、行ってきました。
ドニチエコ切符は、ホント割安です。
600円で、市バス・地下鉄に乗り放題で、一日600円です。
これです・・・
ドニチエコ切符
今日の計画ですが、事前に勉強しています。
ドニチエコ切符を最大限に利用(これ以外は乗らない。あとは徒歩で安上がりに行く)
そこらじゅうで買い食いする。
まず、八事山興正寺に、朝9時に行き、色紙を購入。
(ここなら、色紙が購入できるという自信があった)
離れたところにある4寺(八事興正寺、笠寺観音、港区多加良浦町の弁天寺、中川区高畑の宝珠院)をまず済ませて、それから落ち着いて中心部の3寺に行くという作戦です。
最後を大須観音にすると、時間が余ったら一番遊ぶところが多い。
(結局時間は余りませんでした。暗くなる16時半過ぎには帰りの地下鉄に乗車してました)
・・・
まず最初に八事山興正寺に着きました。
混んでませんねえ・・・
朝9時過ぎにつきましたが、いつもと同じ静かさです。
天幕、看板などは、正月化粧をしていて綺麗です。
八事山興正寺でもらったチラシです。
このチラシは、判りやすいです。
なごや七福神チラシ
このチラシを元に、本日のお参りツアーをします。(事前収集資料より出来が良いので)
八事山興正寺の山門です。
八事興正寺山門
八事興正寺の中門です。
八事興正寺仲門

八事興正寺の観音堂です。
八事興正寺の観音堂です
・・・
次は、地下鉄を使って、八事から名城線外回りで新瑞橋まで行き、
桜通線に乗り継ぎ、野並行きで桜本町まで、
その後、1kmほどを南に向かって歩きます。
八事駅を9時55分に出発しました。
地下鉄八事駅0955
笠寺観音東門に着きました。
笠寺観音東山門
笠寺観音南山門です。
笠寺観音南山門です。
笠寺観音が終わりましたので、桜本町駅まで急いで戻ります。
時間が合えば、笠寺観音前のバス停から、新瑞橋まで乗ると早いです。
わたしたちは歩きで行きました。
次は、新瑞橋に戻り、名城線に乗り換えて栄まで行き、
東山線に乗り換えて終点の高畑駅まで行きます。
高畠駅4番出口を出て、市バス4番乗り場に向かいます。
これは下のような看板があったので、すぐに判りました。
桜本町バス停配置図
時刻表を見ると、多加良浦行きはすぐに出るみたいです。
四番バス停時刻表
バス停前のミニストップでお茶とおにぎりを購入して、多加良浦行きバスに乗り込みます。
お客さんが少ないこともあり、バスの中で腹ごしらえ・・・
・・・
バスに20分ほど乗ると、弁天裏バス停に着きました。
すぐに反対側のバス停で、帰りの時刻表を確認します。
次の帰りのバスまで、15分くらいあるみたい。それを逃すとプラス30分でずいぶん待つみたい
ということで、弁天寺まで走ります。
バスを降りて、斜め右方向にあります。公園の向こう側になります。
弁天寺本堂です。
弁天寺本堂
弁天寺の本堂脇にあったモニュメントです。この花は何でしょうかねえ・・・
弁天寺モニュメント
・・・
お参りもそこそこに帰りのバスに飛び乗り、高畑まで戻ります。
高畑バス停終点で降ります。
高畑の交差点で左折して西に進むと500mほど先の左側にありました。
宝珠院山門です。
宝珠院山門
宝珠院の竹です。節がへんですねえ・・・
宝珠院竹
・・・
つぎは、地下鉄東山線で、伏見まで行きます。
一番北の出口から、袋町のほうに進み、右折して錦3丁目の方角に行きます。
ありました。福生院の山門です。
福生院山門
福生院の毘沙門天です。
福生院毘沙門天
福生院本堂の飾りです。袋町お聖天といわれております。
福生院本堂の飾り
・・・
つぎは、栄まで歩き、隣の矢場町まで地下鉄で行きます。
降りたら、東陽町の方角に進みます。
若宮大通り沿いに二筋東です。
ありました。成田山万福院です。
成田山万福院
・・・
次はいよいよ最後の大須観音に向かいます。
若宮大通を矢場町交差点まで歩き、左折して赤門まで歩きます。
ちょっと万松寺に寄り道しようということで、
大須赤門商店街を進み、アメ横前を通ります。
万松寺です。
万松寺です。
万松寺織田信秀墓所です。
信長のおとうさんです。
信長が桶狭間の戦に行く前に、戦勝祈願をしていったとか・・・
いずれにしろ、由緒あるお寺ですが、何せ商店街の中にあり狭いです・・・
ごった返しています。
並んで順番を待ってお参り・・・
万松寺織田信秀墓所です。
つぎは、大須観音へ行きます。
万松寺アーケードの様子です。
大混雑でした。
万松寺アーケードの様子です。
大須観音です。
ここも、大混雑でした。
お参りも長蛇の列が山門の外まで伸びていました。
何時間かかってしまうんだろうと心配しましたが、30分ほどでおまいりできました。
その後の、ご朱印所でご朱印をいただきました。
本堂向かって右側のプレハブにありますので、列の右側に並ぶのが良いです。
大須観音です。
・・・
「なごや七福神めぐり」の色紙の完成です。
パチパチ

すばらしい・・
名古屋七福神
京都の都七福神と比べても遜色ありませんねえ・・・
なごやのほうが達筆だし・・・
金ピカだし・・・
ご参考に、都七福神の色紙です。
昨年、2日に分けて行ってきました。
みやこ七福神
・・・
色紙の地色の違いもあって、なごや七福神はとてもいい感じです。
色紙が縦型なので、ご朱印のバランスがとても良いです。
実際に玄関にかけても、とても良い感じです。
額の様子

なごや七福神めぐり

お勧めです。
・・・
ちょっとワンポイント
大須観音だと、500円の納経帳を出してきて、これですといわれる。
色紙はやってないのかも
(大須観音では、1500円の台紙の販売はないのかも・・・)
八事興正寺、笠寺観音、袋町福生院、など残りの寺にはありました。
特に、多加良浦の弁天寺には何種類かの台紙がありました。
(七福神の絵柄がちがうもの)
コンプリートできなかった人は、1月21日からの三越出張七福神巡りで
ご朱印をもらう手があるようです。
(ボンさんがハンコもって出前にデパートに来る)

色紙1500円を買うと、手提げ袋をもらえます。
それを提げていけば良いのですが、
ご朱印をいただいた後で、すぐに袋に入れると墨で汚れるので
注意が必要です。
ドライヤーで乾かしてくれますが、安心してはいけませんえ
しばらく(5分くらい)袋に入れないで持っています。
それがいやなら、安い障子紙(良く吸うやつ)を持っていくのかなあ・・・
新聞紙じゃあ、だめだろうなあ・・・
(いつもの納経帳なら、紙がすぐ水分を吸ってくれますが、
色紙は紙質が硬いので、あまり吸いません・・・と思います)

わたしの色紙は、右上から順番に、回ったお寺さん順になっています。
京都のときは、うちの寺の押印場所はココなんていいながらご朱印くれましたけど・・・
事前に調べてから、ドニチエコ切符でいくのが良いと思います。
結構オリエンテーリング気分が味わえるし・・・
車じゃないから、途中でお神酒も飲めるし・・・
正月っちゅうのは、それでんがな・・・
ただし、ゆっくり気分では、七つは回れないと思います。
バスの時間の確認は絶対必要ですね。
多加良浦の弁天寺は、わたしたちが行った地下鉄高畑からバスで往復が
良いと思います。
神宮東門からのバスでは、大変だと思います。
わたしも最初は、熱田神宮もついでにと思っていましたが、
混んでいてとんでもないようです。
熱田神宮は、やっぱり単独おまいりでないと無理と思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

額大きさサイズ

なごや七福神色紙持ってるけどデパート額高いので買いませんでした。額サイズ教えてお願いします

なごや七福神の額サイズはわかりませんが、
シゲサブローは、色紙を豊田画廊(名古屋市守山区大森)に持っていって、買いました。
値段は、6000円でした。
実は、この額は都七福神に行った後で作りました。都七福神なので東寺で額が13000円で買う気にならなかったので、帰ってきてから豊田画廊(ココは専門店なことは知っていたので・・・)に買いに行きました。
装丁も丁寧でお勧めですが、遠方なら近所のが画材屋を探されるとよろしいかと思います。
名古屋七福神に行ったので、使い回しをしています。
シゲサブロー

今晩

忙しい所ありがとうございました。