2016/01/19

最近の愛聴盤

最近の愛聴盤CDでありますが、

チャーリーヘイデンのライブでのデュエット物を主に聞いております。

まずは、ジムホールとのデュエット



これはデュエットではなくピアノトリオでありますが、

キースジャレットとの、ハンブルグ公演・・・・

一昨年にお亡くなりになった後に、ECMからの追悼盤



ブルーノートでのピアノとのデュエットライブ・・・トーキョーアダージオ



ケニーバロンとのイリジウムでのデュオライブ

これは、時々起こる拍手がなければライブであることすらわからない傑作



ギター弾きのパットメセニーとのデュエット



ピアノのハンクジョーンズとのデュエット



いずれも名盤中の名盤であります。

チャーリーヘイデンは、デュオライブをライフワークにしていたとのことで、

集め始めると、きりがありませんが、まだまだ欲しいのがたくさんありますねえ・・・・・
スポンサーサイト
2016/01/05

オーディオルームの近況

最近のオーディオルームの状態でありますが、

亡くなった親父の家から、いらなくなったダイニング5点セットとソファーを移動して、

がらんとした空間が、少し埋まったなあと思ってCDをかけてみると・・・・

おーーー、すばらしい・・・

何かすれば、音はどんどん変化するものではありますが、

かなりの変化でありました。



反響音が明らかに増えたために、音量が上がったように感じます。

ということで、本日の一枚は・・・・

コルトレーンのバラードプレイの最高傑作! 「クレッセント」であります。

2016/01/05

2016年の目標設定

みなさん あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

さてはて、恒例の今年一年良い年にするべく目標設定であります。

と、その前に昨年の反省をしてみたいと思いますが、

2015年はわたくし事が忙しい一年だったために

(親父がなくなり・・と思うと、孫がもうお一人お誕生になり、下の娘も結婚してついにかみさんとお二人状態となりまして・・)

目標クリアのために時間が取れませんでした。

と言い訳しつつ、昨年の目標は5つでありました。

1.「自転車で年間1万キロ走る」
 
 結果は6000km程でありました。

 秋までは快調にジテツーだったんですが、事故起こしたお人がいて禁止通達が出たりなんかして・・、

 はたまた呑気に遊びに行けれる状態でもなく・・ということでありました。

2.「オーディオルームの充実」

 日曜日の度に聞きに行くことはできましたが、設備に手を加える時間はありませんでした。

3.「陶芸」+習字

 陶芸の実現度は6割ほど。お習字はやっぱりモチベーションが上がらず全く実行しませんでした。

4.「お遍路」=「自転車旅行」
5.北海道自転車キャンプツーリング

 このふたつも、今年に繰り越しということになりました。

ということで、心機一転、今年の目標設定であります。

(2016年の目標設定)

1.「自転車で分割日本一周をする(2022年までの7か年計画の一年目)」

 おー・・・自分で言うのもなんですが大挑戦であります。

 今年は新規機材投入によるモチベーションアップと、具体的なサイクリングプランを設定したいと思います。

 「お遍路」=「自転車旅行」=「北海道自転車キャンプツーリング」の拡大版ということでありましょう。

 長期休暇は年2回、その代わりにちょびちょび休みを8回ほど使って、自転車旅行に行きたいと思います。

 日本の世界遺産(15あるんだったかなあ・・・)には、早急にどうしてもいかねばなりませぬ・・・

2.「オーディオルームの充実」

 今年も日曜・祝日は、オーディオルームに出勤ということにしたいと思います。

 昨年の目標をコンパクトに再設定して実行したいと思います。
 ①壁の造作を完成させる。
 ②斜め天井を造作する。
 ③蛍光灯をついに設備する。
 ④便所を開通させる。
 ⑤庭周りにコンクリートを打ち、雑草が生えないようにする。
 ⑥JBL4343のオーバーホール

3.「陶芸」

 月2回の会員目標がかえって足かせの様なので、一時会員資格を休止して、フリー客として継続したいと思っています。
 
 作陶しても貰い手がないことでもありますしね。

4.「お習字」
 
 お習字教室で、級が上がっていかないとモチベーションが上がらないので、お習字教室に新規加入したいと思います。

5.「死ぬまでには行かねばならぬ海外名所旅行」のうちまず一つ目

 「イタリア」「スペイン」「フランス」「イギリス」「ドイツ」「アメリカ東海岸」・・・とりあえず、どこにいきましょうか・・

というようなことでありますが、はてさて実現できますでしょうか・・・・

乞うご期待であります。