2013/06/30

ムーヴパフォーマンス2013


始まり、始まりー
パチパチ
スポンサーサイト
2013/06/28

6月28日の早朝トレーニング20km

本日の早朝トレーニングであります。
森林公園から、志段味、龍泉寺街道を緑ヶ丘まで、
小幡を経由して、瀬戸街道を通って帰ってきました。
最後は、おじいさんといっしょに健康体操を15分、
そしてラジオ体操でしめくくりでありました。


走行距離 19.88km
平均速度 21.9kmh
最高速度 46.0kmh
オドメーター 519.0km

オドメーターが結構まわっているのは、仕事関係にて電車代を払いたくないので
自転車使用ということです。

自転車の変速が悪いので、ゼッコウチョーまではいきません。
・・・・・
本日はXデーですが、どうなりますことやら(まあ、おいらには関係ないけど)
2013/06/27

オーディオルーム床上浸水




オーディオルームの陸屋根は30年間放置してありましたので、
屋根の防水改修を業者に発注(これは自分ではできそうもなかったので・・)しましたが、
防水工事途中の雨降りで(梅雨時だで雨は降るにきまっとろうが!)、
床上浸水となりました。



不良業者とちがうかー



おこっとるでえーボケっ
2013/06/22

6月22日は知多新四国2周り目

本日は知多新四国の二回り目で
19番から21番までに行ってきました。
朝6時前に出発
まずは県道57号線で、途中休憩の後に、
旧道を走り続けて
豊明の一番さん「曹原寺」にお参りしました。
6月22日の一番藻原寺P1000355
その後も、旧道を走り大府を抜けて半田まで・・・・
集合場所の19番札所光照院です。
9時集合ということでしたが、ちょっと早く着いたのでコンビニで朝食、
今度は私の方が遅くなるということで・・・・
6月22日の19番光照院P1000356
19番さんは以前よりきれいになっていました。
今度は20番さんへ・・・
20番札所の龍台院さんです。
6月22日の20番龍台院P1000357
以前は「鶴」がお庭におったんですが・・・本日はまとめて庭先に・・・
庭がきれいになっていました。
ご朱印をもらうときに、坊さんがなまえは?・・・
とか聞いてくるので、なんですかねえ・・・と思っていると・・・・
ご朱印帳の裏表紙に、さらさら・・・住所・氏名などをかいてくれ・・・
鶴のはんこをおしてくれました。
「他のはんこを押させんといてくれよ」・・・・
わしゃー50年習字をやっとる・・・ということで・・・
大サービスのようでしたが・・・・
「ありがたくお礼を言うということで・・・」
四国の20番は鶴林寺だからねーということで、「同じ20番」とのことでした。
あとづけ?と思うシゲサブローでした。

お次は21番です。
国道247号線、名鉄河和線の横をひた走り・・・
21番常楽寺に到着です。
ここはほんとに大きなお寺です。
21番常楽寺の山門です。
6月22日の21番常楽寺山門P1000358
常楽寺の中ほどにあったお地蔵さんです。
6月22日の21番常楽寺のお地蔵P1000359
ついでに常楽寺のいわれです。
由緒正しいらしい・・・・
6月22日の常楽寺のいわれP1000360


帰りは、県道55号線で名和の交差点まで、
その後中汐田で、天白川の堤防に入り、
天白川堤防沿いに植田まで・・・・
その後は、上社から本郷を抜けて帰ってきました。
・・・・・・
走行距離 102.92km
平均速度  17.6kmh
最高速度  40.7kmh
オドメーター438.4km

座布団パンツをはくのを忘れ、実力にての100km走行でした。
お尻が痛いぜ!
2013/06/21

6月21日のオーディオルーム

外壁塗装をしておりましたので、
オーディオルームは放置状態でありましたが、
時間のある時に西面の根太補強をしたりしておりまして、
また、床のコーススレッドにて固定作業も終わりまして、
本日ついに、スピーカー位置を南面から西面へ移動しました。
おひとりで移動したので、大変でした。
北側のバックヤード側から西面を見たところです。
6月21日のオーディオルーム西面P1000032
南東の角から見た西面です。
6月21日のオーディオルーム南から見た西面P1000033
2013/06/21

DIY外壁塗装(塗料の選択)

DIY外壁塗装のポイントは、
1.足場はしっかりしたものを、お守りに保険加入。
2.塗料の選定と購入先(安くても古い塗料を売りつけられないように注意)
3.塗装の肝は「養生」です。私は甘く見ていて失敗しました。
 (シロートぽくってよいでしょ・・・と思うことにしています)
4.副資材、道具は良いものを選定・・とくに「ローラー」
5.それなりに安く完成できるが「激安ではない」。
と書きました。
・・・・・
今回は、塗料選択の顛末について・・・
ネットで調べると、あたかもこのサイトを見れば(信じれば)騙されずに
うまくいきますという表現の、だまされるに違いないと思われるサイトがたくさん出てきます。
でもそんなサイトも含めて、どうもシリコンが良さげだなあということだと思います。
理由は、塗装に付帯して目地補修をシリコンで必ず行うし、
金属部分などの塗装は劣化が間違いなく早そうだし、
メンテナンスフリーは、こと住宅外壁・屋根にはありえなさそうだし・・・
ということで、「そこそこ頑丈でコストパフォーマンスの高い塗料」といえば、
なるべくシリコンがたくさん含有されている有名メーカーの「シリコン塗料」
というのが結論と思います。
・・・・・
シリコンで塗ることにすると、次はメーカーと品種の選定と入手先ですが、
日本は世界一の技術を持った塗料メーカー大国でありまして・・・
選定に迷います。
調べれば調べるほど、わけわかんなくなるというのが実情と思います。
トップスリーは、「日本ペイント(民生用はニッペ)」「SK化研(業務用に特化)」「関西ペイント(民生用に注力?)」という感じでしょうが、他にも水谷ペイントとかロックペイントとか・・・10社近くあるようです。
・・・・・
入手先も含めて、どれが良いか聞いて回りましたが、どこも当てになりそうな気がしない回答でした。
「聞き方は、外壁の証拠写真を見せて、モルタル掻き落としのこの外壁に最適な塗料は?」
・・・というか、ズバリこれでしょうと回答する店員がいたら、たぶんそいつは嘘つきです。
1.建デポPRO・・・明確な回答は得られず・・・最後は「好みです」とのこと→かなり正しいようです。
2.ロイヤルホームセンター・・・業者に聞きますとのことだったが、明確な回答は得られず・・・
3.ビバホーム・・・さすがホームセンター系で、今なら在庫があるのはSK化研の水性ということで在庫品を推薦・・
4.ナフコホームセンター・・・ほにゃら・・
5.カーマホームセンター・・・関ペ?のこれ・・・
6.日本ペイント代理店(成山興産)・・・ずばり油性なら一液ファインシリコンセラ、水性ならファインシリコンセラUV
という感じでした。
・・・・・
聞きながら、価格のチェックもしましたが、ここで一つ重要なことが判りました。
外壁塗料なので色を指定して発注ということですが、
1.濃い色は高い(着色剤がたくさん必要)
2.艶消しは高い(艶消し剤の添加量が多くなる。艶なしが一番高価)
3.店頭価格表示は、あくまで仕入れてしまった在庫販売したいために安価に価格設定したもの
このため、色指定するとそんな値段では購入できない。
店頭在庫と同じ色を注文すると、期限切れの在庫も引き取る羽目になるはず・・・
(ペンキには有効期限があり、意外と短い・・・製造後半年から1年・・・製造日とともに缶に記載)
4.店頭調色ができると謳うホームセンターがあるが、納期と塗料鮮度から考えて標準色がよい
5.メーカー間の開発競争が激しいので、新製品が次々に生まれ、塗料とシーラーの推奨組み合わせもどんどん変わっていくようです。・・・新製品が売りたいというメーカーの思惑
・・・・・
というような下調べの結果から・・・
1.ともかく確実に短期入手できて(追加発注のことを考えて)
2.塗料の在庫回転が確実で(新品しかいりません)
3.価格が安く入手できるところ・・・
という条件から、日本ペイント代理店(あなたの塗装のお手伝いリニモニ店?・・・よくわかんないけど)
成山興産さんから購入するということになりました。
このため、自動的にメーカーを悩む必要もなくなり(日本ペイントしか買えない)
ほんとは一液シリコンセラ(油性)が一押しのようでしたが
(これは途中でわかったことですが、梅雨時にはプロは油性を選択するようで、毎日店頭前においてある塗料の大半は一液シリコンセラでありました)
水性シリコンセラUVと、パーフェクトフィラーの組み合わせを使用しました。 

この選択は、偶然にも空梅雨でしたので結果としては塗りやすくてよかったです。 
2013/06/19

睡蓮鉢(新作展示場)



新作の睡蓮蜂であります。
9kgの大物
黄瀬戸に織部かけということで、うまく発色しております。
2013/06/18

DIY外壁塗装(完成披露)

DIY外壁塗装のポイントは、
1.足場はしっかりしたものを、お守りに保険加入。
2.塗料の選定と購入先(安くても古い塗料を売りつけられないように注意)
3.塗装の肝は「養生」です。私は甘く見ていて失敗しました。
 (シロートぽくってよいでしょ・・・と思うことにしています)
4.副資材、道具は良いものを選定・・とくに「ローラー」
5.それなりに安く完成できるが「激安ではない」。
と書きました。
・・・・・
今回は、足場も取れたので完成披露ということで・・・
なんということでしょう・・・南面です。
6月17日塗装完成南面P1000353
艶あり塗装の三度塗りなのでピカピカしております。
2回ベランダの隠し部分だけグレー塗装しました。
シャッター戸袋はタッチペイントしただけです。
北面です。
6月17日塗装完成北西面P1000354
まあまあですねえ・・・・(謙遜です)
・・・・・
ついでなので、「足場について」

ネットで足場の相場を調べると、平米1500円くらいかなあと思われる記事もありますが、
かなりばらついているようです。
今回は、「ムービルト」という名古屋の足場専門会社に依頼しました。
ここはホームページもあり、
足場の設計図を自分で作成して発注すると平米1350円という表現があり、
飛びついたわけですが、
実際には、「そのサービスはもうやっていません」とのことで、
1か月平米1850円(この業界は、建物の総床面積が単価標準のようです)、
たぶん3か月2450円という感じでお願いできるようです。
営業マンは、しっかりしたオネエサンで、打てば響く感じでした。
なおこの価格が妥当かどうかですが、知り合いの建築屋が18万円で組んであげましょうかと言ってきたことから、それほど高くはない(安くもない)ということと思います。
とはいえ、借りられて何ぼのものですから私は満足しております。
・・・・・
発注して実際に使用した感想は、
「さすが専門業者が作る造作」ということで、
私の身長(182cmとおおきいのね・・)と、「外壁塗装」ということを配慮してくれて
(実際に、ちょっと組み直しをしてくれた)
とても動きやすく塗りやすかったです。
また、ヘルメットと腰巻も貸してもらえました。
保険屋も紹介してくれましたし、解体を早くしてほしいとの要求も対応してくれたので
わたしには満足できた業者さんでありました。
・・・・・
「塗装する範囲」について

わたしは屋根の塗装はしませんでした。
屋根の状態はコケまるけP1000348

理由は、すでに30年近く経過して屋根材のカラーベストが風化して
変形劣化しているため、
塗装しても寿命を延ばせそうもなかったし(たぶん寿命はあと10年ほど・・・そっとしておけば20年ほど?)
変形したカラーベストの上に塗装のために体重83kgの私が乗ると、
割れる危険が高いと判断したためです。
屋根の状態はカラーベストが変形して浮いているP1000350
2013/06/14

DIY外壁塗装のポイント(その一)

DIY外壁塗装(収支報告)
DIY外壁塗装のポイントは、
1.足場はしっかりしたものを、お守りに保険加入。
2.塗料の選定と購入先(安くても古い塗料を売りつけられないように注意)
3.塗装の肝は「養生」です。私は甘く見ていて失敗しました。
 (シロートぽくってよいでしょ・・・と思うことにしています)
4.副資材、道具は良いものを選定・・とくに「ローラー」
5.それなりに安く完成できるが「激安ではない」。
と書きました。
その5番目の収支報告を最初にします。
・・・・・
わたしはDIY外壁塗装を始める前に、もちろん当然のように業者に見積もりを取りました。
いつもの建築屋は、108平米2階建て一式150万円
外壁塗装+樋交換(これはあとから部分発注することになる。見積もり25万円)+屋根塗装
この建築屋は、3割必ず上乗せしていると思われるので、
予想として相見積もりをとると、100万円から150万円が相場と予想しました。
ちなみに、いくつもの業者に見積もりを出すとセールスがうっとしいのでこれで見積もりはやめました。
・・・・・
では実際にかかった金額です。約61.2万円(税込)でした。
1.足場レンタル1か月・・・・21万円
2.損害賠償保険(死亡1000万、損害1000万)・・・・2000円
3.塗料代・・・・・12.7万円
4.副資材・・・・・2.3万円
5.樋新設(業者に分離発注)・・・・・25万円
・・・・・
3の塗料代の内訳です(すべて日本ペイントです)。
1.外壁下塗り・・・・・5565円×5缶=27825円
(パーフェクトサーフ15kg×5缶をほぼ2回塗り)
2.外壁上塗り・・・・・20265円×4缶=81060円
(水性シリコンセラUV15kg×4缶をほぼ3回塗り)
3.軒天下塗り・・・・・・8190円
(水性カチオンシーラー15kg×1缶)
4.軒天上塗り・・・・・・7140円
(水性ケンエース4kg×1缶を2回塗り)
5.タッチペイント(グレー、こげ茶を各0.2L、油性)・・・750円×2=1500円
6.ペイント薄め液400ml・・・・450円
・・・・・
屋根は塗装しなかったので直接の比較ができませんが、
業者見積もりの150万円から屋根塗装を仮に40万として、
さらに樋交換代金25万円を差し引くと85万円となり、
今回費用61.2万円から樋交換代金25万円を差し引くと36.2万円なので、
43%の経費でDIYできたことになります。
ということで、半額以下でできたと思っています。
・・・・・
それに手前味噌ではありますが、
私が三度塗りした外壁塗装皮膜は、それはそれは厚膜でありまして、
シロートでもその塗膜の仕上がり具合はほれぼれするものであります。
(ほんとでっせー・・・うそちゃいまんねん・・・)
2013/06/11

外壁塗装は完了

昨日で外壁塗装はすべて完了しました。
5月21日から借用している足場は、
予定日の6月21日より前に撤去をお願いしましたので、
6月17日(月)に撤去するということで話が付きました。
外壁塗装の顛末というか、四方山話は
足場撤去後の完成写真掲載時にすることにして、
外壁塗装後半部分の報告です。
塗装9日目までは、6月1日の記事を見ていただくということにして、
第10日目、外壁シーラー塗装の完成
第十一日目、上塗一回目
第十二日目、午前中で上塗一回目の完了
第十三日目、上塗二回目の開始
      上塗塗料の水性シリコンセラUVを3缶購入したんですが、
      1回目塗装終了時に2缶目がすでになくなりかけていて、
      上塗2回目の南面がまだ済んでいないのに、3缶目に突入したので、
      あわてて1缶追加発注しました。  
第十四日目、上塗二回目の完了
      午後から土砂降りの雨でありました。
      午前中に塗った塗装が落ちないか心配しましたが大丈夫でした。
第十五日目、上塗塗料がまだ1缶の三分の二ほど余っているので、三度塗り目に突入
      紫外線の影響が強いと思われる南面と西面から三度塗り目をしました。
      二度塗り目も塗料が壁に吸い込まれないので少ない量で済みましたが、
      三度目はさらに消費量は少なくて済み、ほぼ全面に三度塗りすることができました。
      その後、養生シートを撤去しました。
第十六日目、タッチペイントとベランダの再組立
・・・・・
ということで外壁塗装の完成であります。
足場屋の「ムービルト」さん、ありがとう
塗料屋の「成山興産」さん、ありがとう
樋工事の部分発注に応じてくれた「長縄建築」さん、ありがとう
良い業者さんに恵まれたと思って感謝しています。
・・・・・
後程詳しく書こうと思いますが、DIY外壁塗装のポイントは、
1.足場はしっかりしたものを、お守りに保険加入。
2.塗料の選定と購入先(安くても古い塗料を売りつけられないように注意)
3.塗装の肝は「養生」です。私は甘く見ていて失敗しました。
 (シロートぽくってよいでしょ・・・と思うことにしています)
4.副資材、道具は良いものを選定・・とくに「ローラー」
5.それなりに安く完成できるが「激安ではない」。
  塗装は楽しいということが判り、良かったと思うことにします。

というような感じです。
2013/06/10

6月10日(月)の早朝トレーニング36km

本日、6月10日(月)の早朝トレーニング

事故後遺症などもあり、ずいぶん長いあいだ休止しておりました
早朝トレーニングに行ってきました。
瀬戸街道を名古屋方面に・・・
大曽根からは瀬戸電の高架下を通り、清水口まで・・
今度は、南東方向に進み千種から池下を通り、
覚王山日泰寺まで・・・
ラジオ体操をして・・・
自由ヶ丘から千代田橋に抜けて・・・
矢田川河川道路を通って帰ってきました。
・・・
走行距離 36.82km
平均速度 18.4kmh・・・まあ最初はこんなものであります
最高速度 45.7kmh
オドメーター241.4km・・・リセットされてしまいました。
200kmはどこ走ったの?・・ということでありますが・・
ビールを買いに行ったり・・とか・・・

早朝トレーニングの再開であります。
2013/06/10

6月9日は雨どい工事

6月9日雨どい工事P1000029
ついに雨どい工事ということで、外壁塗装作業も完成であります。
あとは、はみ出した塗装の上からタッチペイントをして完成であります。
上塗塗装は、2回塗りしたうえで、余った塗料で3回目を南面と西面に塗りました。
6月7日に土砂降りが一度ありましたが、なんとか梅雨からは切り抜けました。
雨どい設置では、破風の雨切り金具が破風隠しに密着していて、
さらに、カラーベストの出幅が3cmくらいしかないということで、
あかんでえー

と、樋職人のおっさんにおどかされましたが、雨切り金具を起こして水切りをよくすることでなんとかしよまいということになりました。
雨切金具を後からおこしましたので、
大慌てで塗装してない部分のタッチペイントをするということもありました。
2013/06/05

頑張れドラゴンズ


2013/06/03

シーラー塗装の完了(6月3日)



下地塗装がついに完了しました。
「あー・・・・・、サッシにペンキがついとる―」

奥様に雄叫びであります。
・・・
どもども・・・たいしたことありませんぜ・・・

すんませんー・・・・おくさまー・・・・


というようなことがありましたが、
いよいよ明日から、仕上げ塗装の開始であります。
なぜか梅雨もどこかに行ってしまって・・・・
はよ、おやんなさいといっております。
・・・
がんばります



ほんなー・・・ちょっとぐらい、ペンキが飛び散るのは、ペンキ屋の常識やおまへんかー
ポルカドットですがねー・・・愛嬌ですわー
2013/06/02

6月1日の外壁塗装現場

6月1日現在のDIY外壁塗装現場であります。
6月1日破風軒天塗装仕上げ完了P1000346
破風と軒天を、日本ペイントの水性ケンエースにて塗装仕上げ完了であります。
色目はND102(明るいベージュ)の4kg缶を使い切るまで、重ね塗りしようということで
2.5回(3回目は軽く無くなるまで塗り切る)塗りました。
仕上げ塗装なので新兵器を使用
これです。
6月1日塗装仕上げベンダーP1000345
ベンダーという金の板の片側に短い刷毛が植えてあるものです。
まあ、歯ブラシみたいなものです。
これで手の届かない隙間や、角部分に塗料を乗せます。
・・・・・
本日までの塗料消費分です。
日本ペイントパーフェクトサーフ15KG缶×4缶
日本ペイント水性ケンエース4KG缶×1缶
写真には写っていませんが
他に日本ペイント水性カチオンシーラー15KG缶が1缶
これは、15KG缶しかないので、大量に余っています。
・・・・・
本日までの作業工程は、梅雨入りが予想より11日も早かったので
(平年より11日早い梅雨入り)
作業遅延が危ぶまれましたが、なんとか予定をこなしております。  
5月21日に足場が組まれて引き渡しを受けて、
作業日数9日間であります。
第一日、樋撤去し各部の点検
    破風の南側と西側が相当劣化していることを確認する。
    屋根のカラーベストの状態を確認して、もう寿命ですなあと認識
    (でも割れていないので、あと10年頑張ってもらうことにする)
第二日、軒天掃除(ブラシで磨いて旧塗装を剥離)
第三日、外壁清掃(ブラシで汚れを落とす)と、シール(孔とスキマを埋める)
第四日、午後から水洗い(ホースでじゃぶじゃぶ)
第五日、窓など養生、その後軒天と破風の下塗り
第六日、残りの軒天と破風の下塗りし、その後に
    外壁をシーラー塗装(パーフェクトサーフ)・・・足場の3階部分
第七日、外壁をシーラー塗装(パーフェクトサーフ)・・・足場の2階部分
    夕方から雨が降り出して、作業を中止
    このあと2日間雨降りでした。
雨が止んでも、乾かないことには、塗装の再開はできませんので、
更に一日、都合3日間の塗装作業休止でありました。
第八日、外壁をシーラー塗装(パーフェクトサーフ)・・・細かいところを残してほぼ完了
第九日、軒天と破風の上塗りほぼ3度塗り
そして塗装作業は続きます・・・
ペンキ塗りは予想以上に面白いです!