2013/05/28

ウールローラー追加購入


優れものでした
スポンサーサイト
2013/05/26

追加購入しました



右上から
養生用24mmテープ×5個入りを2セット追加
養生用ガムテープ
カナ缶+缶用内容器×3個
ベンダー
ローラーバケット+内容器×5個とローラーバケットネット×2個
中段右から
水性用刷毛20号×2個
水性用刷毛10号×2個
水性用刷毛5号×2個
下段右から
スモールローラー6インチ用
スモールローラー4インチ用
スモールローラー2インチ用
そして6インチ、4インチ、2インチのスポンジローラー4個づつ
・・・
それでは、破風と軒天の塗装を
日本ペイントの水性カチオンシーラーの下地塗装にて開始します。
2013/05/26

下地処理工程のお道具



外壁塗装のまずは下地調整するための部材を購入しました。
左上から、
積水化学の変性シリコン→塗装ができるシリコンです
スコッチのテーププライマー→養生フィルムの接着剤です。
ポケットマスカ―550mm→養生シートです。
ポケットマスカ―1000mm→養生シートです。
ポケットマスカ―1500mm→養生シートです。
した左から
養生用ガムテープ
養生用マスキングテープ24mm×5個入り
マスク
フィルターマスク
ベンダー片面
です。
ペンキが付かないように窓枠などをシールします。
2013/05/26

5月25日のDIY塗装

本日のDIY塗装でありますが、
午前中は、再び尾三衛生に軽トラック2杯のゴミ捨てに行きましたので、
帰りに、養生用のテープなどを購入しました。
そして、午後3時から洗浄作業を始めました。
最初は濡れたらいかんなあと思いながら、ごしごし・・・
そのうち、あーー水がかかってしもうたー
特に、軒天は下から水をかけてゴシゴシするため・・・
すぐに水がかかります。
一度水がかかって濡れると・・
もうどうでも良くなって、水浴び状態になり・・・
すぐにやけくそになって、
一気に水洗いが終了しました。
午後3時に初めて、6時過ぎには終了ということで、
終わったら、全身ずぶ濡れ状態でありました。
とはいえ、出来てしまいました。
夕方になると、風がビュービュー吹いてちょっと寒かったですが、
暑い季節ならではでありました。
冬ではこんなわけにはまいりません。
・・・
明日からは、養生処理を窓にして・・・
いよいよ、シーラー塗装の開始です。
あめー・・・、ふるなー・・・
2013/05/24

5月24日、遂に塗料を購入



梅雨入りが今年は早いそうで・・・・
焦って塗料を発注しました。
結局、外壁用の塗料は・・・
日本ペイントの水性シリコンセラUV
下地材は
日本ペイントのパーフェクトサーフ
となりました。
軒天は、ケイ酸カルシウム板なので、
下地材を、水性カチオンシーラーとしました。
・・・・
今日は、軒天の防水処理(軒天のあわせ部分に変性シリコンを注入)と、
大きな穴と、ひび割れの補修をしました。
・・・・
一日乾燥させてから、水洗いをします。
業者なら高圧洗浄機で乱暴に塗装ということになりますが、
ここはDIY塗装なので、
優しく手洗いをします。
2013/05/24

5月23日の外壁塗装現場

5月23日の外壁塗装現場P1000024
5月23日の外壁塗装現場であります。
判りますか?
「雨樋を撤去」しました。
たいへんでしたー
それと、屋根の状態を目のあたりにして・・・
「カラーベストは反っていますねー」「苔が生え放題」
ということで、屋根も塗りたくなりましたがそこはぐっと抑えて・・・
「あかんでえ・・屋根に乗ったとたんにカラーベストが割れて雨もり始めるデエ・・」
ということであります(予想です)
雨樋を外した後の破風をブラシでこすって汚れを落とし、
軒天も同様にブラシでこすって劣化したペンキを落としました。
北側足場3段目部分の壁のブラシかけが終わったところで力尽きて・・・
本日の作業は終了としました。
・・・
掃除道具一式です。
5月23日の外壁そうじ道具P1000023
2013/05/23

5月22日(塗装作業初日)

昨日、足場設置をしたので、
本日は塗装作業初日(塗装第1日)であります。
というか・・・
簡単な工程表を作成して・・・
最初の1週間は、「洗浄工程」
2週目は、「下地処理・シーラー塗装」
3週目は、「上塗塗装1回目」
4週目は、「上塗塗装2回目」
のこりは予備日ということにしていたんですが、・・・
塗装作業初日に、屋根の上に登ってみると・・・問題点を発見!
問題点1
→樋から雨漏りすることは知っていたんですが、落ち葉が詰まってるんだろうと予想していましたが、予想に反して樋自体が劣化してさびて穴が開いていることが判り、「交換しかないでしょう」ということで、自分では上手に出来そうもないので、業者に見積もり依頼することにしました。
問題点2.
これは前から予想していたことでしたが、
屋根の上に登って目のあたりにすると、ちょっとなあという気になってくるんですが・・
築27年のスレート屋根は、反って浮いています。
苔が生えてボロボロです。
でも、これは予想どうりなのであと10年間このままということにします。
10年後に屋根を葺き替え予定ということで・・・
問題点3.
ベランダの撤去をして、壁に苔が生えている部分の掃除をしやすくしようと思い・・
ベランダ床の撤去を始めてみると
5月22日ベランダ床の撤去P1000357
なかなか取れない床パネルが2枚あり・・・
悪戦苦闘・・・
結局、当初工事の時に、取付ビスの締め付けに失敗してビスの頭を切ってしまってビスを2重打ちしていたことが判り、結局強引に剥ぎ取るしかなく、エイヤっと剥ぎ取りました。
そして、ごみ網も取り外しました。
5月22日ベランダゴミ網の撤去P1000358
結局リフォームはこういうところが厄介な作業になるため高額になるのかなあと思いました。
・・・
そして、雨どいの取り外しをして一日目は終了です。
初日から疲れました。
・・・
洗浄工程の下準備が続きます。
(最初の予定では、下準備なんかあるとは思っていませんでした・・・)
2013/05/21

足場がやってキター

ついにDIY塗装開始であります。
突然と思われたお方もおられるとは思いますが・・・・
ワタシの中ではずいぶん以前から妄想しておりましたことで・・・・
総建築面積108平米の足場代金として1平米あたり1850円也の料金にて、
1か月間レンタルすることにしました。
(この業界は、こういうやり方のようです)
消費税込21万円であります。
ヘルメットと安全帯がセットになっていました。
別に足場がある1か月間だけ作業保険を掛けるということで、
本人死亡1000万円
傷害賠償保険5000万円に加入しました。
最初は1年契約していただいて1か月後にキャンセルでお願いしますと、
保険屋が言っていましたが、
交渉の結果、足場がある一か月間の保険契約で2060円也ということに
なりました。
(交渉してみるものであります)
朝8時半に足場トラックがお見えになり、
打合せの後、9時に足場設置スタートで、
12時の様子です。
南面です。
5月21日12時の足場南面P1000017

北面です。
5月12日12時の足場北面P1000018

14時の様子です。
南面です。
5月21日14時の足場南面P1000019

北面です。
5月21日14時の北面P1000020


14時30分の様子です。
南面です。
5月21日14時30分の南面P1000022

北面です。
5月21日14時30分の北面P1000021

15時には撤収していきました。
明日から塗装工程になります。
まずは壁面洗浄です。
2013/05/18

ごみすて



愛知池南側にあるゴミ処理場
尾三衛生組合に、オーディオルーム建設により発生したゴミ捨てに行ってきました。
軽トラックで3杯
大量であります。
三回目には職員のお人とも顔見知りになり
大工だとおもっとたわあーと言われたりして・・・
・・・・・
{尾三衛生組合について}
日進、東郷、三好から発生するごみの処分場です。
このため、まずは「お住まい」のチェックがあります。
ここは、住所が言えて電話番号がスラスラかければ、
何の疑問もなしに通過できます。
証拠を見せてみろとは言われませんでした。
まあ・・住んでるようなもんだし・・・
料金は10kgあたり100円と激安です。
周辺の処理施設の半額です。
専用入口(入口と出口が分かれています)から坂を上がると、
シロートさんが持ち込むゴミのチェックマンがいて誘導されます。
ちなみにゴミ収集車は直接計量台に行きます。
ここで住所、氏名、電話番号を用紙に書いている間に
ごみのチェックをされて、
計量台に誘導されます。
ごみが積んである状態の車両重量を量ります。
青い線(燃えるごみ)に沿って進んでくださいとの指示で進んでいくと、
建屋の中に入ります。
建屋の中にゴミの投入口が5つあり、
手おろしするお人の投入口は一番奥です。
バックで投入口に車をつけて、ごみを下します。
ごみは油圧で動く巨大な圧縮切断機の開口部へ投下
ごみを下すのも職員さんが手伝ってくれます。
そして、入口ゲートの出口側の計量台に乗って料金を支払います。
350kgで3500円、350kgで3500円、380kgで3800円
本日は10800円のゴミ捨てでした。
350kg+350kgは、畳30枚
380kgは材木です。
材木にはくぎが刺さっていましたが、これぐらいは大丈夫とのことで
意外と寛容でした。
・・・・・
材木ごみをあと軽トラック2杯
ボード類とドアで軽トラック1杯
あと3回ゴミ捨てに行く必要がありますが、
材木は2m以内にカットする必要があるためこれからが大変です。
・・・・・
3枚の計量表をみると車重が、830kg-840kg-860kgと変化
なんでかなあ・・・・
2013/05/14

5月14日(火曜日)のオーディオルーム

完成まじかだったんですが、
気が変わってしまって、
スピーカーの設置位置を、南面(現状)から西面に移動します。
このため、西面床の根太補強工事を始めました。
西面全体の様子です。
5月14日の西面P1000352
西面のライトチャンネルです。
5月14日の西面ライトチャンネルP1000350

西面のレフトチャンネルです。
5月14日の西面レフトチャンネルP1000351
2013/05/12

5月12日(日曜日)のオーディオルーム

オーディオルームの当面の完成まであと一歩であります。
と言いますのは、
オーディオルームのお部屋は完成しても、
最初からお気に入りの音がすることは「ない!」と断言できるほど過酷なことであります。
知ってましたか・・・
オーディオルームの完成は、はじめの一歩であります。
そこから気に入るように調整作業を延々とするものであります(きいたところによると・・・)
ということで、
ともかく部屋が鳴らないように(オーディオ用語でブーミングという)
配慮した大工仕事をしてきたわけであります。
シロートのお方はわからないかもしれませんが・・・
残響の多いオーディオルームは世の中には少ないです。(ない?のかなあ・・・)
それは、聞くに堪えない音になりやすいからであります。
要するに風呂場、銭湯であります・・・・
今回のシゲサブローオーディオルームは、残響時間の長い部屋に挑戦します。
なぜかって・・・
昔のジャズ喫茶のような音が欲しいからであります。
本日のオーディオルームであります。
北側バックヤードに床が出来つつあります。
5月12日の北側バックヤードの遠景P1000011
全体の眺めであります。
ほとんどできているように見えますが、まだまだです。
5月12日の南面の遠景P1000012
お気付きの方もおられるかもしれませんが、
10面あるガラス窓には、防音工事を施しました。
最初は自分で材料を買ってきて施工するつもりでしたが、
長久手のスーパービバホームで材料費用半額だったので、
結局、スーパービバホームにて工事してもらいました。
2年保証です。
材料費用50%OFF
調整工事1面8000円也
という激安であります。
工事もしっかりしています(さすがプロやねー→ガラス屋が工事に来ました)
2013/05/11

5月11日のオーディオルーム

オーディオルームの完成まじかであります。
5月11日の状態です。
残った北側バックヤード部分の根太作成をしております。
こんな感じです。
5月11日北側バックヤードP1000349
あと少し・・・
2013/05/07

アキオチャンと行く2周目新四国(その3)

2周目知多新四国の第3回に行ってきました。
今日は12番から乙川の18番から、亀崎の54番で打ち止めのコースです。
ふつうの順番ですと、12番の次は54番、そして13-14-15なんですが、
1周したいので順番を変えています。
まずは12番
12番P1000324

13番
13番P1000326

14番
14番P1000327

15番
15番P1000329

16番
16番P1000330

18番
18番P1000332

番外です。
番外坂之上P1000333

半田亀崎の山車祭が5月4日と5日(前日まで)にあったため、
今日は山車の後片付けを見ることができました。
そして、なぜか亀崎に立川流(彫刻師)の博物館を発見。
昼食もその博物館1階でしました。
毎回何か発見があります。
2013/05/04

毎日が万博に行く(その2)

みなさん
愛知県犬山市の「リトルワールド」って、知ってますか?
ココが今回のタイトル、
「毎日が万博」・・・2005年愛知万博が懐かしい・・・
リトルワールドであります。
連休ということもあり、9時半の開場時間の30分前に到着予定で、
(ナビは出発が遅れたこともあり、9時20分到着予定と言っておりました)
早く自宅を出発したんですが・・・
みなさん、考えることは同じのようで、
すでにリトルワールド手前4km地点のインターチェンジ降り場から渋滞が始まっていました。
ということで、会場9時半を過ぎ去ること30分・・・
10時に、リトルワールドに入場です。
JAFカードの提示により100円引きのおひとり様1500円也を支払い
入場であります。
ここで、ワガ御一行様は、一番奥の「ドイツバイエルン地方」まで一目散です。
「ソーセージとビールが飲みたいんやー」
目的がはっきりしている御一行様であります。
これです。
どいつバイエルンP1000001

良かった―
ドイツソーセージと350mlビールセット
別々に頼むと二千数百円もするものがなんと!1700円であります。
ちょっとややこしいプレートの載り方をしておりますが、
おひとり様は、ハンドルキーパーなので、
そのお人のビールも飲もうという作戦から・・・
ハンドルキーパー用ジンジャーエールまで写っているわけであります。
・・・・・
結構満足ではありますが、
お次は、フランスアルザス地方であります。
結構近い。
フランスに来たら、ワインにきまっとるやろうが・・・ということで、
ワインにチーズセットであります。
忘れたけど、1000円もしんかった・・・
これです。
フランスアルザスP1000002
というようなわけで、
リトルワールド半周で出来上がり、もう半周の足取りは重かったんですが・・・
お楽しみの一日でした。
今度は、孫とこないかんなあーと思った一日でした。
なお、入場門横のリトルワールド展示室はそれはそれは見ごたえがあります。
一遍来て観てチョー
・・・・というか、また来たいです。
なお、余分なことではありますが、
手前の無料駐車場は、無料でありますので、そこに車を止めて歩くとよい運動になります。
また、祝日は早く・・9時過ぎには到着する必要があるようです。
2013/05/04

毎日が万博リトルワールド


渋滞でしたー
キッブを買うのも長蛇の列