2015/08/30

新作陶器完成しました



黄瀬戸で3個、うのふで6個作成しましたが、9個とも完品でありました。

2個が奥様にもらわれて・・・・、

残りは、管理人さんの部屋での使用となります。

***************************

8月第5週のジテツー結果は、4勝1敗

走行距離   113.16km

平均速度    20.6kmh

最高速度    42.8kmh

オドメーター 9878.6km
スポンサーサイト
2015/08/16

新作作成中

本日、日曜日で盆休み最終日は、陶芸教室へゴー

絵付けであります。

呉須と鉄釉でお絵かきであります。



筆で「大」の字を書くと、星のように見えるということで・・・・・

夏向きの呉須模様であります・・・・・・

一気に・・・「黄瀬戸」と「うのふ」をかけて出来上がりであります。

焼いておいてくださいということで・・・本日の陶芸教室は充実感ありでありました。
2015/07/26

新作追加

先週の続きで、マグカップを6個追加製作して、合計10個にしました。

形状統一しているつもりなんですが、かなりばらつきがありますねえ・・・・



先週の4個は、乾燥が進んでもう絵付けできるくらい乾いています。

******************************

7月第4週のジテツー結果

今週は3勝1敗でありました。1日は雨。

走行距離     87.89km

平均速度     20.5kmh

最高速度     36.6kmh

オドメーター  9240.6km
2015/07/20

新作製作中

久しぶりではありますが、陶芸教室に行って轆轤トレーニングをしてきました。

練習だけではということで、6個だけを乾燥ちゅうであります。



真夏だと午前中にろくろで引いて、午後から高台を削って仕上げをすることができます。

高台削りで2個失敗して、4個完成であります。



実用性重視で、取っ手をつけて、マグカップにしました。

次回に絵付けするでありましょう・・・・・・・・・

****************************

7月第三週のジテツー結果

今週は、飲み会2回、雨降り多数ということで、2勝4敗でありました。

走行距離     60.19km

平均速度     21.0kmh

最高速度     38.9kmh

オドメーター  9152.8km
2015/01/12

我が家のヒツジ様

年末に作成しておりました、おヒツジ様ができあがりました。


「腹出して転がってるように見える」とおっしゃられる方もおられますが、


「久々の傑作」と本人はおもっちょります・・・・・














今年一年、玄関でお客をお出迎えするでありましょう・・・・・・・
2014/12/07

本日の成果物

久しぶりに陶芸教室に行ってきました。


本日の成果物です。


2014/05/05

陶芸修業中

本日は、一日中陶芸修業でありました。


おびただしい数の湯呑みは、明日に底削りの練習予定であります。


2014/04/20

新作を製作中

今月の陶芸タイムであります。
土曜日・日曜日の2日間のお休みを陶芸三昧でありました。


とりあえず、練習というか鍛錬のため、
「ろくろの土殺し」「連続湯呑ひき」はやりましたが・・・・


その後は、今月の課題でありますところの「メダカ鉢」の大量製作であります。
全部で5個作りましたが・・・
そのうちの、底削りも終了した4個であります。




少しづつ大きさと形状を変えながら、どんなんがよいかなーなんて探索中であります。
結構薄作りなので、陶芸教室の土だと、ちょっと実用的に難があるかもしれません。



こんなのや・・・



こんなのや・・・



こんなのや・・・・



こんなのであります。



もう一つは乾燥中




我が家のめだか君は、昨年作成したメダカ鉢が水漏れして、
「全滅か!」というトラブルを乗り越え・・・
12匹ほどが生存・・・
今は、プラ水槽(ナフコホームセンターの激安商品)で養生中であります。


卵を産むように、ホテイ草も2個、300円也で買ってきたし、
本日は水質改善を目的に、メダカの土2kgを980円也にて購入して、
プラ水槽に投入済みであります。
2014/04/06

新作展示場

最近、陶芸ネタがありませんでしたが・・・・
昨年の8月以降は、陶芸教室をやめずにしょぼしょぼ継続しておりましたし・・・
今年に入ってからは、月2回コースの税抜4000円で正規会員でありますので・・
そんなこともありまして、
お仕事中のマグカップがほしいなあということで、
新作展示場てあります。

鉄釉と呉須で染付してみました。

こちらは、ちょっとシュールな感覚でお絵かきしてみました。



どんなものでありましょうか・・・・・
2014/03/01

本日の成果物



マグカップを六つ
2014/01/20

メダカ君ピンチ!

昨年、紐作りにて制作した睡蓮鉢が、
この寒さで^o^
ダダ漏れであります。
ただいま対策作業完了しました。



メダカ君は無事だろうか?
2014/01/18

挽きぞめ

本年最初のろくろ挽きであります。
先ずは基本の湯のみであります。
明日は高台削りであります。
2013/10/21

新作展示場

最新作

new comerであります。

碍子の土での手捻り

極薄の
口当たりであります。

呉須の色付け


色っぽいです。





どないだー。
2013/06/19

睡蓮鉢(新作展示場)



新作の睡蓮蜂であります。
9kgの大物
黄瀬戸に織部かけということで、うまく発色しております。
2012/12/16

窯だし完了



おびただしい数の完成品であります。
焼き物としては、瀬戸の土で焼いた「黄瀬戸」であります。
一窯全部を同じ釉薬の黄瀬戸で焼くということで、セオリー通りであります。
黄瀬戸に「織部かけ」でアクセントをつけています。
・・・・・
一間(182cm)の棚板に9枚
ぎっしりであります。
「よくこんなに入っていたねえ」とのセンセの感想であります。
4枚焼いたツワブキの大皿のうち、2枚は完品(ダイセーコー)であります。
1枚は割れが入りました。
もう一枚は、皿肌に灰が被り汚れました。
3枚目の棚板の右端にある四角い箱は蓋付き2段宝石箱であります。
大量のお猪口に湯呑。
カレー皿が3枚
ツワブキの中皿と小皿・・・などなど・・・
世話になった隣の町内会の爺さんへ湯呑を20個ほど
自転車屋にも差し上げ・・・
ご町内の防犯会のお方たちのも差し上げ・・・・
でも・・・消化は不可能なほどの大量生産でありました。
・・・・・
結局使った燃料は15立米ほどのプロパン
燃料支払額は2万4千円ほどであります。
完品の大皿2枚に「12000」と小さなシールを貼って
無人販売したら売れんかなあ・・・・・
2012/12/16

焼き上がっております



普通の窯積めは、一番下は背の高いものということでしたが、
今回の作品は、背の低いものばかりなので、
一番下にも大皿が入ってしまいました。
2012/12/16

釜開き中


成功であります。
二百℃を未だに越えているため、あっついです
5時15分窯焼き点火
16時45分には目標温度1230度に到達
それからは窯内の温度キープのために燃料圧力をこまめの調整して・・・
19時45分・・・慣らし焼き3時間で消火しました。
慣らし焼きは、窯内温度を均一にすることと、
やはり、焼しめたほうが焼き物としては上手物となりますので、
しっかり作戦通りに実行であります。
結局、本焼き時間は15時間
前日の蒸気抜きが3時間程度
連続して実施すると、丸一日仕事でありました。

翌日に窯開きしたらとても良い色に焼けた大皿を発見・・・
つい・・夢中になって取り出してしまい
(窯内温度が200度を超えているため軍手を3重にして)
ハッと気が付いて撮影した写真がこれでありました。
大皿が左隅に覗いてます
2012/12/15

現在1030℃本焼き中


六立方米燃料消費
到達窯内温度1230度ということで、ガンガン炊いております。
とはいえ・・・つけているグラフは、上昇カーブがすぐに鈍るため、
そのたびに、燃料噴射圧力を調整して、煙突ダンパー開口部を調整してということで、
結構つきっきりであります。
窯の上部と下部にのぞき穴がありますが、
のぞき穴から漏れてくる火の色がどんどん白熱(ほんとうに白くなっていくんですわー)
していくのが判ります。
上の方の温度がずいぶん高いみたいです。
2012/12/15

釜だき開始



窯焼き開始時間は5時
実際は、もたもたして5時15分点火となりました。
でも、時間記録が面倒くさいので5時00分点火ということで進めていきます。
(そんなことでよいのだろうか・・・・・?)
2012/12/14

炙り開始


本日は予備作業
本焼き前の炙りで、水分を抜きます。
夜はできない事情から、明日の朝から本焼き再開という段取りです。
2012/12/09

釜詰めシュミレーション中


ついに本焼きの開始であります。

下敷きの新聞紙は、窯入れの際の棚板の大きさにカット
ああでもない・・・・・こうでもない・・・・
配置を考えながら、棚入れの準備であります。
今回、焼成予定の窯は、品の陶磁器センター陶芸教室にある3基のうち、
最も小さい「0.2立米」タイプであります。
0.2立米とはいえ、結構たくさん焼くことができます。
これが、お次のシュミレーションであります。
窯入れその220121209
そして、3段目のシュミレーションであります。
この皿は、超大型のツワブキ皿。
横にある丸皿は、直径30cmのカレー皿ですから、その大きさが判りますでしょうか。
四角いのは、組み物の宝石箱です。
窯入れその320121209
続いて4段目のシュミレーションです。
窯入れその420121209
そして、5段目のシュミレーションです。
コップや湯呑、ぐい飲みには絵付けがしてありますが、
釉薬をかけてあるので、出来栄えは焼いてからのお楽しみです。
来週焼成予定であります。
乞うご期待!窯入れその520121209

2012/12/04

新作展示場


久々にガマガマで焼きました。
碍子の土は、硬くて重いため、存在感があります。
落としても簡単には割れません。
2012/05/20

5月20日新作展示準備中

5月20日新作展示準備中

いやあ・・ご無沙汰でありました。
忙しかったんですわー
「何が忙しかったかって?」
町内会ですがな・・・・
ゴミ捨て場に家が建ってまったで、捨てるとこあらしません・・・
「なんとかしてください」とお怒りで私のところに来られましても…
ということがあり・・・
集会所の網戸が破れとる・・とのご指摘があり・・・
(ワタシ、直しました)
バーサン4人が、夜8時過ぎに押しかけてきて・・・
「わたしら・・不公平だと思うで、怒っとるんだわー」
という、一方的な申告があり…
会合に、一日おきのペースで出席したり…
小学校の防災倉庫の内容物の点検をして、なんにもあらしませんがね・・ということがわかったり・・
ということでありました。
・・・・・・
さて、陶芸教室の成果であります。
蓮が植えれたらよいなあと思い、睡蓮蜂を作ってみました。
それと、巨大ツワブキを散歩途中で発見して・・・
一枚巨大皿を作ってみました。
これです。
睡蓮蜂と巨大皿
それと、ツワブキを使ったお皿の大量生産をしました。
これです。
5月20日新作展示場その2
今後、素焼きをして本焼きを一度自力でしてみたいと思います。
楽しみだなあーー
2012/02/12

陶芸新作展示場

陶芸新作展示場

品野陶磁器センターは、エエところでございまして・・・
いたれりつくせり・・
こんなんまで世話を焼いていただけます。
陶芸で酒器を作ったお供と言うことです。
神の井、しぼりたて・生原酒・限定品
神の井、しぼりたて・生原酒・限定品
神の井酒造株式会社は、名古屋市緑区大高町の酒蔵で、
結構、愛知県税務署の品評会で金賞をとっている有名どころであります。
一番絞りのフルーティな味わいです。
かなりアルコール度数は高いです(私はそれもうれしい・・)
寝かせると、また良い味わいになっていくらしいです。
続いて、今回の新作陶芸!
茶碗です。
たくさん作りましたが、とりあえず「奥様ご採用分」ということで・・・
茶碗2個
ルーシーリー風に、線刻代わりの横線をゴスで引いた上で、
黄瀬戸をかけました。
2012/02/05

陶芸制作進行中


茶碗と小どんぶり鉢を制作中
2012/01/28

金継ぎ(途中経過)


いよいよ、第九工程
金粉蒔きです。
うまくいきませんねえ
なお、「金粉蒔き」工程は、弁柄うるしをできるだけ薄く塗って、
半乾き状態のときに、
金粉を真綿につけたものをそっと押さえて、患部に乗せるように置くと言うことで、
とても難しい訳であります。
このあと、またしても1週間乾燥させて、
そののち、水にぬらした綿棒で余分な金粉を取り除いて、
また乾燥させて、
メノウでこすってつやを出して出来上がりだそうです。
うまくいかん!・・・ですなあ・・・・
2012/01/14

多治見・市の倉(さかづき美術館)

市の蔵さかづき美術館

本日は、お昼を兼ねて、多治見・市の倉のさかづき美術館に行ってきました。
ココは、指導員マユミ先生が、
「さかづき美術館でさかづき展をやってるから、行ってりゃアー」とおっしゃるので、
「センセの言うことは聞かねば・・(キッパリ)」
と言うことで、行ってきました。
まずは、国道248号線でビュンビュン・・・
美術館向かいの茶店で昼食・・・茶をしばきます・・・
ランチ定食の鉄板スパゲッティ・サラダセット、コーヒー、ケーキ付1180円也を注文します。
この鉄板スパは、昔ながらのたまご溶きが鉄板に敷いてあるナポリタンスパゲッティ
うまああああい
ということで、気をよくしてさかづき美術館へ・・・
新春さかづき展

すばらしかったです・・・・
が、シゲサブローには高度すぎて・・
参考になったのは、さかづき展示の入口の手前にあった・・・
売り物の・・さかづきだったりしていました。
(ちょっとさびしい・・・)
そのアト、幸兵衛窯に行き見学しました。
ココは、続きになっていて歩いて3分ほどで付きます。
今日は新年の初釜祭りと言うことで、通常見学料300円が無料でした。
展示品はすばらしかったです。
幸兵衛釜2基(巨大でした)も見てきました。
多治見はアツイ
2012/01/13

金継ぎ

ヒビ有り茶碗120113
陶芸教室でのテスト焼成ができましたが、
湯のみ2つは、ドバッツに貰われました。
(押し売りだったかも・・・)
湯のみの一つには、ヒビが発生!
「こりゃあかんわー」といっておりましたら・・・
陶磁器教室の大先生(加藤社長)が、
「ひび割れすると喜んで、また金継ぎができるなんていってるひともいますよ・」
と教えてくれたので、じゃあ一度金継ぎもしてみようと思いつきました。
早速、本日栄方面にお出ましになられている奥様に依頼します。
「帰りにハンズで金継ぎセット買ってきてください」
お金はお払いします・・・・
ということで、金継ぎセットを入手しました。
これです!
moblog_4c79d36f.jpg

ついでに、はるか以前に口元が欠けた「タチキチのとんぼ」湯飲みも一緒に直します。
初心者用金継ぎセット6980円也です。
ヒビを埋めて2週間乾燥
平らに磨いた上で
その後に柿漆を塗って1週間乾燥
またまた磨いて
金箔を塗って、またまた磨いて仕上げをするということで、
1ヶ月ほどかかるようです。
まずは漆でひび割れを埋めるところから始まります。
こんな感じです。

ひび割れ穴埋め後120113

その後は、ぼちぼちですなあ・・・・
2012/01/13

新作展示場


どんなもんでしょう
2011/11/14

今年のクリスマスツリー勢ぞろい

今年のクリスマスツリー勢ぞろい

ツリー7個
今年のクリスマスツリーシリーズが出来上がりましたので、
お見せします。
上段の左の2個は以前に見せたものです。
新たに、バージョンアップして制作しました。
中型ツリー2
そして、思いついて小型のツリーを3つ作りました。
コーヒーカップの取っ手をアタマにくっつけて、
丸い団子を串刺しにして、飾り付けたのが特徴です。
こんなのや

小型釣鐘1

こんなのや
小型釣鐘2

こんなのです。
小型釣鐘3
釣鐘1は瑠璃色の釉薬、
釣鐘2は黄瀬戸の釉薬、
釣鐘3は織部釉薬です。
来年のために制作メモをしておこうと思います。
1・アタマの星は、大きいほどかわいい。
  色はやっぱり黄色で、
  真ん中に団子を貼り付けアクセント、色をピンクに変えるとよろしい。
2.釣鐘取っ手には、メリークリスマスの刻印を強く押す。
3.串跡は強く斜めに引いて、肌荒れのほうが表情が出る。
4.団子をドベでくっつけて、補強を兼ねて串刺し、
  串刺し跡の、くしの大きさを変えると眺めが大きく変わるかも・・・
5.星などの飾りもたくさんくっつける。
6.下絵色は、たっぷり塗り、上の透明釉薬もたっぷり塗ること。
  胴体にかける釉薬は、短かくがよさそう・・3秒では厚過ぎ、2秒くらい・・
・・・・・・・
陶芸教室指導員マユミさまにほめられる・・・うれしい・・・
こどもが・・みんな取っ手をもって「かわいい!」と触るんだわ、とおっしゃっておられました。
いつになく、今回の作品は籠に入って守られておりました。
むすめAは欲しいといいなはれ・・・・(押し売りじゃー)